しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

解体と佐伯泰英 8月17日(木)その2

お隣の倉庫:裏口の解体が始まった。
b0215220_15543691.jpg
屋根のトタンをはいで。
b0215220_15550510.jpg
骨組みを壊す、我が家の台所が明るくなった。
b0215220_15564888.jpg
     「橋の上 居眠り磐音 江戸双紙」 著 佐伯泰英
 来年正月刊で書く物語の序章として、磐根が初めて参勤上府で上がってきた時代を描いた中編『橋の上』を所載する。
 その意図、いやタイトルの意味合いを書いておきたい。
 両国橋でこれまで多くの出会いと別離と戦いが行われた。
 この橋は江戸市街と本所地区を結ぶものだ。当初、大橋と呼ばれていたそうだが、本所が下総国に属し、武蔵国と下総国の二つの国を結ぶものとして、両国大橋、両国橋へと呼びならわされるようになっていく。


[PR]



# by shinchan7rin | 2017-08-17 15:58 | 読書 | Comments(0)

盆送り 8月17日(木)

雨の止み間に、末野の善導寺へお盆様を送っていく。
b0215220_08384590.jpg
山門と鐘楼。
b0215220_08394379.jpg
本堂、こうして見ると結構立派ね。
b0215220_08410558.jpg
わが家の墓域、本堂の真裏、岩田家の並び。
b0215220_08423450.jpg
開寺七百年記念碑、昭和59年の建立。
雨に中をどうやってお送りしようかと考えたが、
午後になって止んでくれたので助かった。
今朝は盆明けで、裏の(ベルク)工事が始まった。

[PR]



# by shinchan7rin | 2017-08-17 08:47 | 生活 | Comments(0)

岩井三四二 8月16日(水)その2

b0215220_20094349.jpg
      「家康の遠き道」 著 岩井三四二
 属に家康の妻妾を二妻十五妾とかぞえる。二妻とは最初に正妻となった築山殿と、のちにめとった秀吉の妹、朝日姫のふたりである。二妻はすでに亡く、側室たちとも多くは死に別れて、いま駿府城にいるのは側室ばかり七名だった。
 十七人の妻妾とのあいだに、十一男五女がうまれた。
 家康は後家好みだとか、家格の高い女性ではなく下々の女性を好んだとか伝えられている。しかし最初の側室が正妻築山殿の侍女であったり、名門甲斐武田家の血筋である側室がいたり、晩年には十代半ばの女性を側室にしたりと、必ずしも巷間いわれるとおりではない。


[PR]



# by shinchan7rin | 2017-08-16 20:11 | 読書 | Comments(0)

ニャンとワンコ 8月16日(水)

b0215220_08404196.jpg
フェンスの前にニャンが。
b0215220_08412553.jpg
ワンコが接近、ニャンはちょっと下がる。
b0215220_08421508.jpg
ワンコはニャンを気にしながらフェイント。
b0215220_08425451.jpg
鼻チュッ。
b0215220_08434308.jpg
ニャンは去る。
さて、散歩の続き。

[PR]



# by shinchan7rin | 2017-08-16 08:44 | 散歩 | Comments(0)

たくとみ 8月15日(火)

72回目の敗戦記念日、雨です。
息子たちを連れて昼食に出かけた。
b0215220_09131329.jpg
先月だったか改装していた深谷市小前田の”とんふみ”。
改装が成ったと思ったら、看板が変わって”たくとみ”。
どんなふうに変わったのか偵察、混むのが見えているので早めに出かけた。
b0215220_09161604.jpg
店の奥の座敷だったところがテーブル席になっていた、
変わったところはその位。
サイドメニューが増えていて、換気扇が撤去されたので焼肉はやめた様子。
b0215220_09212123.jpg
次男が頼んだ厚切りロース定食、
普通のロースと較べてさほど厚いわけではない。
というか、普通のロースが結構厚いのだ。
b0215220_09232874.jpg
ま、食が良いこと。
食べ終わって会計しようとしたら、
ウェイティングが店の外まであふれていた。


[PR]



# by shinchan7rin | 2017-08-15 09:27 | 散歩 | Comments(0)

佐伯泰英 8月14日(月)その2

b0215220_20174962.jpg
「冬桜ノ雀 居眠り磐音 江戸双紙29」 著 佐伯泰英
 銀五郎が千鳥ヶ淵の一番町の冬桜といったのは、高家瀬良播磨守定満の屋敷の冬桜であった。築地塀の上にこんもりとした冬桜が咲き誇り、その一枝を、往来の人を魅惑するかのように通りへと差しかけていた。
 冬桜は、寒桜、寒緋桜とも呼ばれ、初冬から咲く桜のことだ。すでにその存在は江戸後期から知られ、『華実年浪草』という書物にも、
〈小樹也、花葉は彼岸桜に似て、その枝垂れず、冬月に花開く。単葉。盆に植え、几案の傍らに賞す〉


[PR]



# by shinchan7rin | 2017-08-14 20:19 | 読書 | Comments(0)

盆迎え 8月14日(月)

午後からお盆様のお迎えに行ってきました。
b0215220_09070209.jpg
末野の善導寺、わが家の墓域はちょっと広い。
b0215220_09081438.jpg
花をあげて、お迎え。
b0215220_09085659.jpg
本堂から火を分けていただいて、わが家へ。

[PR]



# by shinchan7rin | 2017-08-14 09:10 | 寄居町 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

成人式もほとんどレンタル..
by shinchan7rin at 09:19
食品や衣料品、そしてたぶ..
by 戸矢 at 08:07
吹き飛ばされてしまいそう..
by shinchan7rin at 08:53
知らない街になるんだね。..
by 戸矢 at 10:34
紬1反、正花1反(裏地)..
by shinchan7rin at 09:08
失礼しました。名前のとこ..
by 鉢形住民 at 17:49
いったいどんなことが?
by shinchan7rin at 09:08
中島呉服店さんの記事がツ..
by 鉢形住民 at 06:53
見てきましたら、解体前の..
by shinchan7rin at 08:49
たまにこの野良猫に餌をや..
by 鉢形住民 at 07:27

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル