しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2016年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧




ゴスぺラ・ミュウ・サマーフェスタ 6月30日(木)

7月3日(日)午後3時より、
ゴスぺラ・ミュウ、サマーフェスタ・チャリティコンサートが開催されます。
b0215220_1142564.jpg

会場は秩父市・福祉女性会館。
140号西武秩父駅の少し先、右側。駐車場有ります。
b0215220_11445467.jpg

プログラムは上記の通り。
各グループとも、ソプラノ、メゾソプラノ、アルトのパート各2名の小編成。
誰の声が聞こえているにか、よくわかってお楽しみ。
ぜひお出かけください。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-30 11:49 | ゴスぺラ・ミュウ | Comments(0)

噂話と宮城谷昌光 6月29日(水)その2

我が家から正喜橋へ向かう途中にある医院。
幼少のみぎり、かかりつけ医だった。
b0215220_20304335.jpg

30年以上〈?〉閉ったままなのだが。
近々代替わりし、立て替えて開業するらしい。
敷地が450坪あるとか、透析をやるとか聞こえてきた。
b0215220_20343690.jpg

      「香乱記 下」 著 宮城谷昌光
「いまの世の英雄豪傑のなかで、将軍ひとりが正しい。項羽、劉邦、長耳、魏豹、章邯などが、いかに栄耀を得ても、後世の人々が師表とするのは、将軍のみでしょう。わたしには千年後がわかる」
「これは、おどろいた。なんじは藺林も、千年後まではみぬけまい」
 実際、後世の人々に、不屈、というものを誨えたのは田黄の生きかたであり、かれの精神が中国人の思想と行動の根幹に生きつづけたことはたしかであろう。いかなる強者にも屈しないという国家と個人の志行の淵源は、田黄にあるといってさしつかえない。





人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-29 20:37 | 読書 | Comments(0)

ランチパスポート長瀞とグループレッスン 6月29日(水)

グループレッスンまで時間があるので、長瀞でランチパスポート。
b0215220_8505660.jpg

宝登山鳥居信号脇の”さくらい”。
b0215220_8532213.jpg

ざるそば、味噌おでんか味噌ポテトが付く。
手打ちというそばは、あまり蕎麦らしくなく、
こんにゃくの味噌はゆずの香り、ポテトの味噌は甘い。
お腹だけは膨れてしまった。
b0215220_8561413.jpg

腹ごなしに河原まで歩く。
b0215220_8563953.jpg

雷神堂の五度づけせんべいをお土産に、塩辛そうですが。
b0215220_8584342.jpg

その後、リーダー宅でグループレッスン。
二つのうちこちらのグループは今回が最後。
失音して散々な出来でした。最後にはちゃんと歌えたので何とか。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-29 09:05 | 散歩 | Comments(0)

窯詰本焼き 6月28日(火)

窯詰、背の低いものから。
b0215220_911689.jpg

1段目、皿、亀の甲羅、ヤマメなど。
b0215220_9121765.jpg

2段目、皿、魚、スプーンレスト。
b0215220_914980.jpg

3段目、少し背の高いもの。カップ、折り鶴。
b0215220_915185.jpg

4段目、桜皿、リハビリ作品。
b0215220_916487.jpg

5段目、リハビリ作品など。
b0215220_9165226.jpg

6段目、背の高いものなど。
蓋を閉めて、本焼き焼成。



人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-28 09:18 | 須恵の会 | Comments(0)

釉薬掛けその2 6月27日(月)

b0215220_9102965.jpg

猫覗きカップ、赤土のカップに志野釉をかけて。
b0215220_9111415.jpg

猫の部分の志野釉を削って、黒と黄瀬戸をちょっと塗り、三毛にする。
b0215220_9145296.jpg

白土に赤土尻尾の猫スプーンレスト、黄瀬戸をかける。
b0215220_916301.jpg

赤土のキャットフェイスカップには志野釉。
b0215220_9174280.jpg

リハビリ陶芸の作品には、青磁釉、織部釉、黄瀬戸釉など。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-27 09:20 | 須恵の会 | Comments(0)

釉薬掛け 6月26日(日)

風布にて釉薬掛け。
b0215220_1131102.jpg

とはいっても、釉薬を掛けないものもある。
最近の下絵具は、そのまま焼いて照りが出るとか。
初めて、このまま焼いてみることになる。
b0215220_11325994.jpg

霧吹きで透明釉をかける。
b0215220_11332973.jpg

同じく霧吹きで、黄瀬戸を、あ、終わっちゃった。
b0215220_11342250.jpg

素焼きしてない生の作品に、生掛け。
崩れてしまうこともありますが、大丈夫でした。
もう御一方は、法事で欠席。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-26 11:40 | 須恵の会 | Comments(0)

散歩のニャンと宮城谷昌光 6月25日(土)その2

b0215220_20115028.jpg

2匹のニャンが。
b0215220_20121357.jpg

なにか相談したと思ったら。
b0215220_2012404.jpg

また元のフォーメーションに。
b0215220_2013125.jpg

      「香乱記 中」 著 宮城谷昌光
 昨年までは、従弟の田?は平民にすぎなかった。が、今は堂々たる斉王なのである。それを予言したのは、許負である。なぜ許負は人相を観ただけで人の未来がわかるのか。田黄は許負にいわれたことがくりかえし耳底によみがえる。田黄に星をかぞえさせた許負は、
「七つみつけなければ、事は成就せぬ。のこりのひとつは、雲のむこうにある。七星を捜しあてなさい」
 と、いった。その七星が地上におりて人に化すにちがいないとあとで田黄はおもったが、いま斉の将軍である自分の近くにいる人々のなかで、たれが七星にあたるのか。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-25 20:14 | 読書 | Comments(0)

玉ぐい吞み 6月25日(土)

七輪で焼いた玉ぐい吞み。
b0215220_9111979.jpg

ぐい吞みというにはちょっと大振り。
伏せて焼いたので、口縁に自然釉がたまってトンボの目玉を作る。
b0215220_9125635.jpg

こちら側には、ひっつきが景色を作っている。
高さ6㎝。
b0215220_9144115.jpg

ちょっと歪みがみえる。
長径8.5cm、短径8㎝。
b0215220_9154289.jpg

炭の上に直置きして焼くので、全体に自然釉が掛かる。
言い換えると、自然釉のかかっていない場所がない。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-25 09:18 | 七輪陶芸 | Comments(0)

ランチパスポート番場町 6月24日(金)

秩父にて昼食。
b0215220_14324836.jpg

秩父神社そばの武蔵屋。
b0215220_14332235.jpg

ランチパスポートで訪れるのは何度目か。
b0215220_14341011.jpg

高いところにお内裏様か、お祭りしてある。
b0215220_1435586.jpg

のりせいろ、しっかりした噛みごたえ。
先日の冷やしたぬきとはえらい違いだ。
b0215220_1436372.jpg

すでに午後1時を過ぎて、まだそば切りがおこなわれている。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-24 14:38 | 散歩 | Comments(0)

まてっ、と宮城谷昌光 6月23日(木)その2

なかなか覚えてくれないね。
b0215220_204011.jpg

Wait! ウェイト! まてっ!
b0215220_2055067.jpg

     「香乱記 上」 著 宮城谷昌光
「あなたはふたりの兄を護る星のようなものだ。が、あなたを護る星もいる。目をあげるがよい。星はいくつみえるか」
 田黄は星をかぞえた。六つしかみえなかった。
「六、だな」
「七つみつけなければ、事は成就せぬ。のこりのひとつは、雲のむこうにある。七星を捜しあてなさい」
「星を捜す――」
 それには答えずに、許氏は腰をあげた。そのけはいを感じつつ、田黄はふたたび天空をみた。こんどはひとつだけ明るく美しい星がみえた。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-06-23 20:08 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル