しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

巣鴨とげぬき地蔵 2月13日(火)

同窓会事業の桜43会で巣鴨とげぬき地蔵へお出かけ。
今年65歳になると老人の範疇に入れられるので、お参りしておこうと。
b0215220_09252208.jpg
巣鴨地蔵通り商店街、ホコ天と思いきやときどき車が入ってくる。
b0215220_09264735.jpg
みんなでお参り、思ったより狭い。
b0215220_09272567.jpg
総勢22名、インフルエンザ予防でマスク。
b0215220_09282308.jpg
お約束の赤パンツ,買った方はいるのかな。
b0215220_09292204.jpg
都電荒川線、鉄分補給。
b0215220_09301472.jpg
地蔵そば大橋屋にて昼食、かしましいったら。
b0215220_09312145.jpg
TBS朝ちゃんの取材も受けました。
帰りの東上線はちょっと混乱、お疲れさまでした。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-13 09:35 | 散歩 | Comments(0)

散歩のニャンと風野真知雄 2月12日(月)

b0215220_08261450.jpg
ガードレールの下でニャンが二匹、まったり。
b0215220_08270566.jpg
アップ、ちょっと腰が軽そう。
b0215220_08274852.jpg
こちらはどっしり。
b0215220_08281548.jpg
ワンコが寄って行っても、我関せず。
ちびさんは物陰で身構えていますが。
b0215220_08294376.jpg
     「喧嘩御家人 勝小吉事件帖」 著 風野真知雄
 勝小吉は、旗本の男谷平蔵の三男坊だったが、祖母と娘のおのぶだけになっていた御家人の勝家に養子に入った。七歳のときである。
 なお、小吉の実家の男谷家というのは、代々の武家ではない。平蔵の父は越後から出てきた盲目の検校で、この人が金をため、ありていにいえば金で旗本の地位を買った。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-12 08:30 | 読書 | Comments(0)

荒川と田牧大和 2月11日(日)その2

b0215220_15413253.jpg
河原で遊ぶ人たち。
b0215220_15421230.jpg
川で遊ぶ人たち。
この寒い中、ようやるわ。
b0215220_15431028.jpg
      「晴れの日には 藍千堂菓子噺」 著 田牧大和
 『藍千堂』の金鍔は一風変わっていて、皮には小麦粉の代わりに上新粉を使う。
 浅い筒の形に丸めた小豆餡を、できるかぎり薄くした皮で包み、銅版の上でこんがりと焼くのだ。上新粉のせいで、見た目は「金鍔」ではなく「銀鍔」だが、焼き立ての香ばしいところを頬張るのが格別で、熱々の皮の表はさくっと軽く、餡に接した内側はしっとりとして、米の皮独特の粘りがある。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-11 15:44 | 読書 | Comments(0)

窯出しと窯詰 2月11日(日)

風布生涯学舎にて、窯出し。
b0215220_09335800.jpg
会員さんの作品。
オレンジの発色がいいですね。
b0215220_09344713.jpg
こちらはリハビリ陶芸の作品。
b0215220_09351900.jpg
1回目の本焼きに残ってしまった作品を再度の本焼き。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-11 09:36 | 須恵の会 | Comments(0)

散歩のニャンと阿佐田哲也 2月10日(土)その2

b0215220_16025951.jpg
石の上でニャンがお昼寝。
b0215220_16033302.jpg
アップにしてみましょう。
b0215220_16040538.jpg
なんか用か?
b0215220_16050433.jpg
      「麻雀放浪記(一)青春篇」 著 阿佐田哲也
 猫に三種類あり、虫を好くのをムコ、魚を好くのをサコ、ネズミを好くのをネコというらしい。すると私などは、呑み人間でも買い人間でもなくて、打ち人間ということになるのだろうか。
 おかしなことに、その時分の私は、どういう世界であろうと、玄人としての接触、つまり真髄に触れるばかりにのめりこんだ生き方以外に興味がなかった。おそらく若くて、命の力がむんむんしていたときだったのだろう。そうして、そう思うこと自体、私がまだ麻雀打ちとして本格的な玄人になっていなかったからなのだろう。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-10 16:06 | 読書 | Comments(0)

牡蠣 1月10日(土)

岡山にいるカミさんの友人から牡蠣が届きました。
b0215220_09471779.jpg
一斗缶に一杯。
受け取ったおふくろが重くて動かせない、とのこと。
b0215220_09482292.jpg
あちこちおすそ分けして。
b0215220_09490054.jpg
加熱用なので、レンジで口が開くまでチンする。
b0215220_09494705.jpg
熱くなっているのをレモンを絞って、ツルリ。
b0215220_09505818.jpg
なんぼでも入ってしまう。
堪能しました。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-10 09:52 | 生活 | Comments(0)

ラーメン屋と西條奈加 2月9日(金)

昨年できたというラーメン屋へ、帰宅中の次男と行ってきた。
b0215220_09160663.jpg
暮に覗きに来た時には閉っていたのだ。
b0215220_09165642.jpg
亭主がひとりでてんてこ舞い。
出てくるまでに30分待たされた。
ラーメンそのものは外れではなかった、画像は撮り忘れた。
b0215220_09190013.jpg
     「ごんたくれ」 著 西條奈加
 『平安人物志』は、京に住まう学者や文人墨客の名を連ねたもので、
七年前に第一版が、次いで今年、安永四年に二版が出され、京雀たちの話題をさらっていた。
 そして画家の部の一番目に挙げられたのが、当代一の人気絵師、円山応挙だった。
 名のあがる順位は、優劣とは関わりない。版元ではそう断りを入れていたが、言い訳に過ぎず、年齢では若輩にあたる応挙が、先輩絵師を押しのけて第一位とされたことが、京の応挙人気を何よりも雄弁に物語っていた。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-09 09:20 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル