しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

リサイタルと風野真知雄 2月8日(木)

友人が運営に携わっているので、一つ宣伝を。
b0215220_09104978.jpg
昨年でしたか開場した秩父宮記念市民会館です。
b0215220_09122100.jpg
秩父市役所の隣です。
ゆうてはなんやけど、バリトン・リサイタルとはちょっと花がなかろうもん。
b0215220_09143364.jpg
      「隠密味見方同心2 干し卵不思議味」 著 風野真知雄
 あるとき、大阪のほうからぶらりと天竺浪人がやって来た。天竺浪人とは、本当に天竺から来たわけではなく、棲み家のない浪人者をそう呼んでいたのだ。
 この男が、大坂でつけあげと呼ばれていたものを、野菜ではなく魚で揚げて売り出した。それで名前を京伝に頼んだというのだ。
 京伝は、「天竺浪人がぶらりと来たから天ぷらにしろ。字は天麩羅と書けばいい」と言ったというのである。天麩羅という字は〈あぶら〉とも読めるという凝り具合は、いかにも戯作者の命名らしい。
 この説は、魚之進も聞いたことがある。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-08 09:16 | 読書 | Comments(0)

武蔵屋本店と田牧大和 2月7日(水)その2

ゴスぺラ・ミュウのレッスンで秩父へ、武蔵屋本店で昼食。
b0215220_17414956.jpg
改装前、昔の武蔵屋本店だそうです。
b0215220_17423526.jpg
出汁は暖かいから、鴨せいろを頂く。
b0215220_17431314.jpg
鍋焼きうどんがあったじゃないですか、次のお楽しみ。
b0215220_17440920.jpg
      「甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺」 著 田牧大和
 父の菓子の味の一番の肝は、砂糖にある。
 砂糖作りが盛んな讃岐の中でもとり分け手間暇を掛け作られている、父が惚れ込んだ三盆白と、唐渡りの三盆白。晴太郎は、父や茂市が使っていたのと同じ白砂糖を『藍千堂』でも使っている。微かな雑味は残るものの、風味も味わいも奥行きが深い讃岐物と、淡白で癖がなく、上品な甘さの唐渡りの上物、菓子の種類で二種の白砂糖の割合を変えながら、丁度いい具合に混ぜ合わせて使うのだ

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-07 17:46 | 読書 | Comments(0)

群馬大学病院 2月7日(水)

朝一番にいらっしゃい、ということで群馬大学病院へ。
b0215220_09285712.jpg
ところが、消化管外科の受付では、予約は入っていませんとのこと。
確認してもらい、待つこと1時間30分。
往診があって、内視鏡検査へ回る。
b0215220_09311067.jpg
ここで待つこと30分。
b0215220_09314800.jpg
処置準備室で、キシロカインゼリーで喉の局部麻酔。
担当医による内視鏡検査。
胃カメラのチューブが60cmまで入るのが確認できた。
十二指腸まで探って、異常なし。
b0215220_09345809.jpg
ほっとして前橋インターまでにあるどんへ。
b0215220_09355222.jpg
どんステーキクラシック150gを頂いて帰路につく。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-07 09:37 | | Comments(0)

アングレーズと風野真知雄 2月6日(火)

ミニサイズのアングレーズをカミさんが焼いた。
b0215220_07482162.jpg
小さいので、二切れ切っていただく。
b0215220_07485734.jpg
小さくてもラム酒の風味はしっかり。
b0215220_07504959.jpg
「隠密味見方同心1 くじらの姿焼き騒動」 著 風野真知雄
「どうです。うまいでしょ。ちゃんと手間も工夫も加えてますので」
 と、顔がそう言っている。
 どもにも悪の気配はない。うまいものを食べさせ、おあしをいただくという単純な暮らし。食いものにまつわる悪は、どこから生まれるのだろう。
 たちまち食べ終え、汁まですべてすすった。
 胸のあたりをすぐに汗が流れはじめ、腹全体がほかほかしてきた。
 この先、こんなうまいものを仕事で食べていくのかと思うと、月浦波之進は、なんだか同僚たちに申し訳ない気がした。




[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-06 07:52 | 読書 | Comments(0)

雀宮と伊藤潤 2月5日(月)

遊歩道整備工事のはずなんですが。
b0215220_08500921.jpg
まるで道路拡幅工事ですな。
b0215220_08505550.jpg
この先どうなるんでしょう?
b0215220_08513540.jpg
      「悪左府の女」 著 伊東潤
 醜女かどうかは、個々の顔立ちによるのではなく、顔や姿形の類型的な分類によって決まる。つまり栄子のように色黒で背が高く、目鼻立ちがはっきりしている女性は、一様に醜女とされた。
 その一方、最も理想的な女性像としては、身長は高くても五尺(約百五十二センチメートル)、髪の毛は直毛で、顔の色は白ければ白いほど喜ばれ、頬は下膨れがよいとされた。さらに目は細く切れ長で、鼻は小さく低く、唇は薄く、体全体がふっくらしていれば申し分ない。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-05 08:52 | 読書 | Comments(0)

休日の河原と風野真知雄 2月4日(日)

b0215220_09151738.jpg
休日の河原でバイクをころがす。
b0215220_09160465.jpg
冬の河原で何をする人ぞ。
b0215220_09170588.jpg
     「奇策 北の関ヶ原・福島城松川の合戦」 著 風野真知雄
 上杉家きっての猛将を、まずは好機の目で見た。
 背は高い。五尺六寸(およそ一七〇センチ)ほどはあるだろう。太ってはいないが、首回りや肩の筋肉などを見ると、かなり鍛え上げた体であるとわかる。
 眉間のところに斜めに走る長い傷がある。古傷である。繁長の母は身ごもっているときに、敵に攻められて腹部に傷を負った。傷は体内の繁長にまで達していた。
 幸い、母子ともに一命はとりとめたが、繁長は傷ついたままにこの世に生まれてきたのだった。戦国の申し子というべき本庄繁長の誕生秘話である。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-04 09:18 | 読書 | Comments(0)

日高病院 2月3日(土)その2

b0215220_14112320.jpg
高崎の日高病院、ここで食道癌手術を執刀したドクターが月に1回診察をしている。
群大病院は混むのでこちらに回されたのだ。
さて、PET-CT検査の結果だが・・・
ドクターの表情が険しい。
モニターを見ながら、胃管の部分にFDG集積がみられるとおっしゃる。
要するに腫瘍の存在を示す光が見えるわけだ。
可及的速やかに、再検査しましょうということで、
来週早々群大病院で内視鏡検査、ということになりました。
卒業です、と言われた翌年これですか。
落ち込むなあ。
b0215220_14200202.jpg
群大へ持って行くPET-CT検査の資料です。

[PR]



# by shinchan7rin | 2018-02-03 14:21 | | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル