しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

タグ:武蔵屋本店 ( 17 ) タグの人気記事




鍋焼きうどんと風野真知雄 2月18日(日)

世の中フィギュアスケートと将棋の話題で持ちきりですが。
ゴスぺラ・ミュウのレッスンで秩父へ行った折、武蔵屋本店へ寄った。
b0215220_08323519.jpg
温かメニューをお試しのため。
b0215220_08335768.jpg
奢って鍋焼きうどんを注文。
b0215220_08342911.jpg
大きな海老天と厚焼き玉子、厚切り蒲鉾が入っている。
何とか完食。
温まりました。
b0215220_08362951.jpg
     「幻の城 大坂夏の陣異聞」 著 風野真知雄
 宇喜多秀家は――
 元亀三年(一五七二)の生まれである。慶長十九年(一六一四)のこの年は、四十三歳になっている。
 備前国の大名だった宇喜多直家の二男として生まれたが、まだ子供のころに、父・直家は病死。この頃、ちょうど織田信長の命を受けた羽柴秀吉が、中国攻略のために播磨に来ており、宇喜多家はその秀吉と結んだ。
 やがて秀吉が毛利家と講和を結ぶと、直家亡き後の宇喜多家は備中東半と備前・美作を合わせて五十数万石の領地を安堵される。ほどなく秀家は秀吉へ質子として預けられ、可愛がられた。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-02-18 08:38 | 読書 | Comments(0)

武蔵屋本店と田牧大和 2月7日(水)その2

ゴスぺラ・ミュウのレッスンで秩父へ、武蔵屋本店で昼食。
b0215220_17414956.jpg
改装前、昔の武蔵屋本店だそうです。
b0215220_17423526.jpg
出汁は暖かいから、鴨せいろを頂く。
b0215220_17431314.jpg
鍋焼きうどんがあったじゃないですか、次のお楽しみ。
b0215220_17440920.jpg
      「甘いもんでもおひとつ 藍千堂菓子噺」 著 田牧大和
 父の菓子の味の一番の肝は、砂糖にある。
 砂糖作りが盛んな讃岐の中でもとり分け手間暇を掛け作られている、父が惚れ込んだ三盆白と、唐渡りの三盆白。晴太郎は、父や茂市が使っていたのと同じ白砂糖を『藍千堂』でも使っている。微かな雑味は残るものの、風味も味わいも奥行きが深い讃岐物と、淡白で癖がなく、上品な甘さの唐渡りの上物、菓子の種類で二種の白砂糖の割合を変えながら、丁度いい具合に混ぜ合わせて使うのだ

[PR]



by shinchan7rin | 2018-02-07 17:46 | 読書 | Comments(0)

武蔵屋本店と風野真知雄 11月17日(金)

ゴスぺラ・ミュウのレッスンで秩父へ。
b0215220_08474120.jpg
武蔵屋本店で昼食。
b0215220_08481142.jpg
鴨せいろの大盛り、鴨ロースが三切れ。
出汁が暖かいので寒いときにはおすすめ。
b0215220_08510653.jpg
     「耳袋秘帖 馬喰町妖獣殺人事件」 著 風野真知雄
 馬喰町の名前は、この近くにあった初音の馬場に由来する。馬の世話をする男たちをかつては博労と呼んだが、その博労の親方で富田半七と高木源兵衛という二人がここに住んで、大勢の博労が出入りした。それで、博労町という呼び名ができた。関ヶ原合戦のころである。
 さらに江戸時代の早いうちに、馬喰の文字が当てられ、以後、馬喰町となった。
 馬喰町の通りは、両国広小路から本石町のほうへつづく大きな通りだったが、江戸時代も中期以降になると、博労より旅人宿の多さが目立つようになっていた。


[PR]



by shinchan7rin | 2017-11-17 08:52 | 読書 | Comments(0)

武蔵屋本店とゴスぺラ・ミュウのレッスン 8月24日(木)

久しぶりに(4か月ぶり)に武蔵屋本店。
b0215220_08383382.jpg
駐車場に大型バスが止まっていたので、入れるか?と思ったが。
埋まっている席は半分ほど。
b0215220_08394806.jpg
せいろの大盛り、大盛りにしても料金は変わらず。
b0215220_08403659.jpg
庭を眺めながら頂きます。
b0215220_08411582.jpg
その後ゴスぺラ・ミュウのレッスン二コマ。
新曲「美女と野獣」のコーラスが、転調に次ぐ転調で難しい。
疲れて耳がおかしくなりました。

[PR]



by shinchan7rin | 2017-08-24 08:45 | 散歩 | Comments(0)

秩父:武蔵屋本店 4月8日(土)

b0215220_853126.jpg

久々に武蔵屋本店、2階に灯りが見える。
b0215220_8534361.jpg

1階は団体予約が入っているそうで、2階に案内された。
b0215220_8543356.jpg

せいろ、のめっこくてよいのだ。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2017-04-08 08:57 | 散歩 | Comments(0)

武蔵屋本店 2月2日(木)

ゴスぺラ・ミュウのレッスンで秩父へ。
b0215220_9254690.jpg

武蔵屋本店による、蕎麦屋さんは今年初めて。
b0215220_9263656.jpg

カミさんは暖かいのをと、山菜蕎麦。
七味のキャップの穴が大きくてドバっとかけてしまった。
b0215220_931576.jpg

私はせいろを大盛りで、この店は盛りが少ないが大盛りは無料。
せいろは食べているうちに体が冷えてくる。
暖かいそばは食べているうちに伸びてくる。
どちらも良し悪し。
この店の器は有田で。
b0215220_9334426.jpg

有田の酉が飾ってあった、値札もついている。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2017-02-02 09:36 | 散歩 | Comments(0)

武蔵屋本店 11月12日(土)

秩父市上宮地の武蔵屋本店。
b0215220_904259.jpg

新そばの看板に誘われて。
b0215220_912176.jpg

ギャラリーで作品展をやっている。
b0215220_915779.jpg

カミさんは寒いので、おっ切り込みうどん。
b0215220_924876.jpg

せいろ大盛り、ここのうちのは更科風、ちょっとぬめり有り。
あちこちで食べても、ここのがお好み。
混んでいて出てくるのに時間がかかったので、ギャラリーはパス。
b0215220_945854.jpg

どうもこれは昔の店の画のようだ。
b0215220_964579.jpg

今はこんな感じ。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-11-12 09:06 | 散歩 | Comments(0)

せいろと司馬遼太郎 8月18日(木)

ゴスぺラ・ミュウのレッスン、先週休みだったので二週間ぶり。
b0215220_1044434.jpg

台風一過の極暑で、蕎麦でも手繰るかと上宮地の武蔵屋本店。
b0215220_1021375.jpg

せいろ、食欲が出てきたので大盛りに。
料金はは一緒、そのせいか出汁の量は変わらない。
b0215220_1051985.jpg

     「翔ぶが如く (四)」 著 司馬遼太郎
 結果からいえば、江藤は大久保のえじきになったといっていい。
 江藤の佐賀ノ乱を契機に、明治権力は飛躍的に強化され、大久保一個の政治統制力もそれ以前とは見ちがえるほどに強くなり、士族たちから百姓軍とさげすまれた徴兵の鎮台兵も、少しは自信にちかいものをもつにいたった。
 江藤はむろん自身がそんな功績を明治国家に対して持とうとは思わなかった。
 大久保がすかさずこの機をとらえただけである。もし佐賀ノ乱がなければ、明治政権がのちに西南戦争においてもっと狼狽し、もっともろさをさらけだしたにちがいない。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-08-18 10:07 | 読書 | Comments(0)

ランチパスポートと北森鴻 8月8日(月)

今回、ランチパスポートをあまり利用できていない。
b0215220_8524840.jpg

秩父市上宮地の武蔵屋本店。
b0215220_8544771.jpg

更科系のせいろ、ねっとり歯に絡む。
b0215220_8553615.jpg

     「花の下にて春死なむ」 著 北森鴻
 まもなく工藤が盛大に湯気をあげる平皿を持ってきた。平皿と見えたのは、帆たての貝殻である。それも普通の大きさではない。プロレスラーの掌を、さらに拡大したといっても過言ではない大きさの帆たての貝殻である。その縁まで澄んだスープが満たされ、ところどころに白い身が透かし見える。そして細長い身が幾つか。スープに浮いた油膜から、バターの香りが強引なほどの勢いで鼻孔に攻め入ってくる。
「三年物の帆たてだそうですよ」
「コキールというよりも『小鍋だて』と、言いたいところです。生きたままの帆たてを貝殻ごと使ってみました。味は酒と醤油のみ、それにバターを仕上げに少しだけ。贅沢でしょ」
 ビールで口内を洗って箸をすすめると、貝特有の旨味がずっと濃くなった。わずかに赤味のかかった身を口に入れると、それまでの繊維質の歯ざわりとは別に、今度はねっとりとしたペースト感が、それ自体の旨味を主張する。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-08-08 08:57 | 読書 | Comments(0)

ランチパスポート 5月26日(木)

b0215220_942719.jpg

秩父方面ランチパスポートVol.6を入手。
ゴスぺラ・ミュウのレッスンで秩父へ向かうので。
b0215220_955972.jpg

秩父市上宮地町の武蔵屋本店。
b0215220_965141.jpg

店内は団体さんを迎える準備。
後から水戸ナンバーの大型バスがやって来た。
b0215220_974256.jpg

せいろそばを頂く、蕎麦は久しぶり。
b0215220_993986.jpg

デザートは水戸屋本店にて。
b0215220_995595.jpg

メープル焼き菓子を。
これもランチパスポート。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-05-26 09:11 | 散歩 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル