しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

タグ:雀宮 ( 13 ) タグの人気記事




雀宮と伊藤潤 2月5日(月)

遊歩道整備工事のはずなんですが。
b0215220_08500921.jpg
まるで道路拡幅工事ですな。
b0215220_08505550.jpg
この先どうなるんでしょう?
b0215220_08513540.jpg
      「悪左府の女」 著 伊東潤
 醜女かどうかは、個々の顔立ちによるのではなく、顔や姿形の類型的な分類によって決まる。つまり栄子のように色黒で背が高く、目鼻立ちがはっきりしている女性は、一様に醜女とされた。
 その一方、最も理想的な女性像としては、身長は高くても五尺(約百五十二センチメートル)、髪の毛は直毛で、顔の色は白ければ白いほど喜ばれ、頬は下膨れがよいとされた。さらに目は細く切れ長で、鼻は小さく低く、唇は薄く、体全体がふっくらしていれば申し分ない。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-02-05 08:52 | 読書 | Comments(0)

雀宮と風野真知雄 1月12日(金)

b0215220_08592326.jpg
雀宮のブロック塀が全部撤去された。
この部分は子供のころ遊んでいたところで、
高いブロック塀に視線を阻まれて、いやな出来事があったりした。
そのため遊具で子供を遊ばせる人もいなくなってしまったのだ。
b0215220_09015315.jpg
まだフェンスは残っているが、昔のようになるのだろうか。
b0215220_09033789.jpg
    「逃がし屋小鈴 女だてら 麻布わけあり酒場6」 著 風野真知雄
 一年のうちに、開明派の蘭学の徒を取り巻く状況はさらに過酷になっていた。
 のちに〈蛮社の獄〉と呼ばれる弾圧が始まったのである。
 この獄の首謀者と言われているのが、本丸目付の鳥居耀蔵だった。 鳥居は以前から目をつけていた連中を陥れるべく、幕政批判や海外渡航計画を柱に、ほぼでっち上げのかたちで開明派の学者などを次々に捕縛していった。
 三河田原藩士で儒学者の渡辺崋山。
 シーボルト塾で学んだ蘭学者、高野長英。
 無量寿寺の住職、順宣。
 町の発明家、本岐道平など。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-01-12 09:09 | 読書 | Comments(0)

雀宮と宮部みゆき 12月30日(土)

今年も押し詰まってまいりました。
今日は子供たちが帰宅する予定。
b0215220_08394922.jpg
雀宮は工事中。
b0215220_08404051.jpg
道路拡幅し、型枠を組んでコンクリート打設。
どうなるのか、まだ見えてきません。
b0215220_08421531.jpg
      「この世の春 上」 著 宮部みゆき
 そこにはこう記されていた。御霊繰。
「繰るとは、糸繰りのくりと同じ意じゃ。自在に操り、取り出し、また収める」
 「御霊はこの字義のとおり、人の霊魂。多くの場合は死霊だが、まれには生霊の場合もあるという。つまり御霊繰は、人の霊魂を操り、それと意思を通じ合わせる技」

[PR]



by shinchan7rin | 2017-12-30 08:44 | 読書 | Comments(0)

雀宮と岩井三四二 12月15日(金)

b0215220_08464227.jpg
雀宮、すっかりブロック塀は撤去された。
コーンの右側が元々の道路。
b0215220_08480561.jpg
先月伐採された支障木の根も掘り起こされている。
広くなったところに遊歩道ができるのだろうか?
b0215220_08510667.jpg
      「天魔の所業、もっての外なり」 著 岩井三四二
 数年前の大飢饉の際には鴨川の河原はもちろん、そこらの路傍に骨と皮ばかりの死体が転がっていたものだが、一昨年にやっと天候が落ち着いて、今年は食べ物もゆきわたり、町もにぎわいを取りもどしていた。
 その室町通の北端に、花の御所とよばれる将軍の住まい、室町第がある。土塀に囲まれた南北二町、東西一町の敷地に、大きな檜皮葺の屋根が波のようにつらなっている。
 室町第の主人である足利義政の正室、富子は、主殿奥にある自分の局で政所の役人を披見していた。


[PR]



by shinchan7rin | 2017-12-15 08:52 | 読書 | Comments(0)

雀宮と風野真知雄 11月19日(日)その2

b0215220_15550447.jpg
雀宮、色づき始めた。休日で人が出ている。
外側の木が無くなったので、中が良く見える。
b0215220_15565466.jpg
      「耳袋秘帖 妖談うつろ舟」 著 風野真知雄
うつろ舟の伝説――。
 それは江戸時代に端を発し、現代にいたるまで奇妙な謎とされている。
 享和三年(一八〇三)、春二月二十二日(旧暦)のお昼ごろのこと。
 常陸国のはらやどりという浜の沖に、舟のようなものが見えた。
 住人たちは多くの小舟を出し、この舟を浜辺まで曳いてきた。 
 舟は、お香を焚くときに使う入れもののような、丸いかたちをしていた。長さはおよそ三間(約五.五メートル)
 上半分はガラスの障子のようになっていて、松やにで塗り固められている。底のほうは鉄の板を段々に筋のように張って、海底の岩に当たっても、砕けないようにしたらしい。
 上の透き通ったところから中をのぞくと、異様な格好の女が一人いた。
 言葉も通じないから、どこから来たのか、問うことすらできない。

[PR]



by shinchan7rin | 2017-11-19 15:58 | 読書 | Comments(0)

伐採と京極夏彦 11月16日(木)その2

雀宮の支障木伐採はほとんど片付いた。
b0215220_16071172.jpg
やけにさっぱりとしてしまった。
b0215220_16075788.jpg
紅葉ははじまったばかり。
b0215220_16084390.jpg
     「冥談」 著 京極夏彦
「まあ、そうです。でも、それは瞬間で終わってしまった筈です。ご主人は、もしかしたら」
 死んだことすら気付かなかったかもしれない。
「あの人は最後に何を見たのでしょう」
 何も見なかった。
 僕はそう思った。

[PR]



by shinchan7rin | 2017-11-16 16:10 | 読書 | Comments(0)

雀宮とダン・ブラウン 11月30日(水)

b0215220_931880.jpg

雀宮では、紅葉がピークのようです。
雪で霜げたかと思ったが、ちょっと持ち直した。
b0215220_945353.jpg

こちらは黄葉の絨毯。
b0215220_953739.jpg

     「インフェルノ 下」 著 ダン・ブラウン
 効果を狙って間をとったのち、つづけた。「不思議なことに、記すのはひとつの文字で・・・それを七回繰り返すんです。天使がダンテの額に七回書く文字がなんであるか、わかる人はいますか」
「P!」聴衆のひとりが声を張りあげた。
 ラングドンは笑みを浮かべた。「そのとおり、Pの文字です。このPはペッカートゥム――〝罪″という意味のラテン語――の頭文字です。そしてそれを七つ書くというのは、セプテム・ペッカータ・モルタリア、すなわち――」
 「七つの大罪!」さっきとは別の声が叫んだ。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-11-30 09:09 | 読書 | Comments(0)

雀宮と北森鴻 11月22日(火)

散歩途中に雀宮を覗く。
b0215220_94286.jpg

色付いてきましたね。
b0215220_9425735.jpg

紅葉2色と黄葉。
b0215220_9434242.jpg

何かの撮影、レポーター二人、カメラマン、録音技師、ディレクター(想像)。
b0215220_945795.jpg

正喜橋通りでは、交通量調査、こんなチビカメラで?
b0215220_9462434.jpg

メーカーを見るとYupiteruとある、世の中進んでいます。
b0215220_9475977.jpg

      「香菜里屋を知っていますか」 著 北森鴻
 香菜里屋を知っていますか。
 東急田園都市線の三軒茶屋駅。駅から地上に上がり、世田谷通りを環状七号線に向かって歩くこと二百メートルほどのところを左折して、あとはいくつかの路地を右へ左へと進むと、やがて小さな路地裏に、ぼってりと淡い光をたたえた等身大の提灯が見えてきます。それが見印なんです。アルコール度数の違う四種類のビールを常備していて、もっとも度数の高いものはロックスタイルで供されると聞きました。カウンターにはヨークシャーテリアの精緻な刺繍を施したワインレッドのエプロンを身につけたマスターが、いつも人懐こい笑顔を浮かべているそうで。「今日は**の良いものが手に入りましたが」と彼が語りかけると、ほとんどの客がそれを注文し、幸福なひと時に酔いしれるのです。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-11-22 09:51 | 読書 | Comments(0)

ニャンと雀宮と正喜橋 12月1日(火)

b0215220_972720.jpg

ミケさんと、
b0215220_975033.jpg

キジさん。
b0215220_99459.jpg

今年の雀の宮は色が悪くて、ようやくこのくらい。
b0215220_9121839.jpg

画面の奥に見えるのは、正喜橋。
b0215220_995863.jpg

正喜橋、ピアを崩して。
b0215220_9103665.jpg

橋桁まわりを掘り起こす。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2015-12-01 09:15 | 散歩 | Comments(0)

桜43会 1月26日(月)

集まれる同窓生が集まって桜43会を開催。
b0215220_11163363.jpg

昨年、還暦記念植樹した17本の桜。
うち2本が根付かなかったので、植え替えを行う。
その後、近くで整備中の雀宮公園へ。
b0215220_11194626.jpg

子供の頃、遊び場所は町内ごとにきっちり別れておりました。
ここはうちの町内で、当時ポンポン山と呼ばれていた。
b0215220_11223883.jpg

なぜかと言うに、飛ぶとポンポン音がしたのです。
皆でジャンプして確認。
b0215220_11254938.jpg

同窓生が経営する桜沢:ラヴェンナにて昼食歓談。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2015-01-26 11:27 | 寄居町 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル