しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

散歩のニャンと岩井三四二 2月20日(土)その2

b0215220_20262926.jpg

塀のところにニャンが。
b0215220_20265193.jpg

飛び降りて逃げよっかな。
b0215220_20271384.jpg

ちょっとブルっちゃいますね。
b0215220_20273564.jpg

あっちから逃げよっと。
b0215220_20284580.jpg

      「サムライ千年やりました」 著 岩井三四二
「大庭さんで、昔から藤沢っていうと…」
「鎌倉権五郎って知ってる?」
「もしかして、子孫だったりして」
 歌舞伎に「暫」という演目がある。
 善人が悪党に捕らえられ、首をはねられようとしたところに、鎌倉権五郎が「しばらく、しばらく」と言って出てきて、暴れまわった上に悪人を倒して去る、という筋立ての話である。
 主人公の鎌倉権五郎は平安時代末期に実在した人物で、またの名を大庭景政という。いまの神奈川県藤沢辺りに所領を持っていたサムライだった。よほど活躍した人らしく、権五郎を祀る神社まである。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-02-20 20:31 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル