しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

東上線と風野真知雄 2月25日(木)その2

東上線玉淀駅南鉢形鉄橋付近。
b0215220_19582819.jpg

昨年中は、このようにカメラを準備する人たちが時々見られた。
今年になってからは、ほとんど目にすることはない。
b0215220_19594811.jpg

だからと言って、走っていないわけではない。
不定期に通るフライング東上号。
なかなか出会えない、慌ててポケットからコンデジを取り出した。
b0215220_2015799.jpg

     「沙羅沙羅越え」 著 風野真知雄
 天正十二年(一五八四)の秋――。
 有体にいって、佐々成政は今、四面楚歌の状況にある。いや、四面どころか八方ふさがりである。
 成政がほぼ平定を終えた越中。
 これを地図の中央に置くとしよう。
 地図の右手、すなわち東に上杉景勝がいる。このころの上杉景勝は、羽柴秀吉と手を組んでいる。しかも、越中を平定する際、成政軍が直接、干戈をまじえたのは上杉勢であり、宿敵ともいえる相手である。
 地図の上、すなわち北は能登で、地図の左手、西は加賀になる。能登から加賀にかけては、秀吉の信頼が厚い前田利家が、あらかた押さえてしまった。
 地図の下は飛騨である。ここは山ばかりで人の少ない国だが、それでも武士の勢力は存在する。いまは中心の神岡城にこそ徳川に味方する三木頼綱がいるが、その周囲にはまだまだ三木に歯向かう旧主の江間輝盛の遺臣たちが力を持っていた。
 たいした武力はないが、上杉と前田に対抗しつつ飛騨を攻めるのは容易ではない。しかもそれだけの苦労をしても、山のなかの国は得るものが乏しい。
 これが越中の周りの勢力図である。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2016-02-25 20:05 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

昨年なのですね。たまにこ..
by Cat at 13:42
昨年秋、埼玉県寄居町です。
by shinchan7rin at 09:59
半年前に行方不明になった..
by Cat at 21:47
これからも宜しくお願い致..
by shinchan7rin at 08:55
はじめまして、筒井と申し..
by 筒井 at 13:16
拝見しました。我が家は北..
by shinchan7rin at 08:37
そうなんです。 ちなみ..
by 歩きの4号 at 19:35
> 歩きの4号さん 新..
by shinchan7rin at 08:47
今日武蔵野銀行によったら..
by 歩きの4号 at 19:05
> 歩きの4号さん 5..
by shinchan7rin at 08:47

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル