しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

散歩のニャンと佐伯泰英 5月26日(金)

b0215220_09003836.jpg
ニャンがこちらを向きました。
b0215220_09012203.jpg
移動しますね。
b0215220_09015730.jpg
ジャンプ。
b0215220_09103277.jpg
高いところへ。
b0215220_09120401.jpg
      「朔風ノ岸 居眠り磐音 江戸双紙8」 著 佐伯泰英
 江戸の出版界ともいうべき書物問屋の大所は、日本橋界隈に集まっていた。
 通油町に鶴屋喜右衛門、村田屋治郎兵衛、松村屋弥兵衛、通塩町に奥村屋源六、横山町に岩戸屋喜三郎、そして馬喰町には西村屋与八、大丸屋小兵衛と商いを競っていた。
 だが、蔦屋は吉原の五十間道という異色の場所で看板を掲げた新興の版元だ。



[PR]



by shinchan7rin | 2017-05-26 09:14 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル