しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

散歩のニャンと伊藤潤 5月19日(土)その2

b0215220_14311349.jpg
U字溝のニャン。
b0215220_14315358.jpg
目線を頂戴。
b0215220_14325526.jpg
      「武士の碑」 著 伊藤潤
 天保七年十一月三日、新八は、薩摩藩の下級武士・高橋八郎良中の三男として生まれた。諱は初め経麿、後に自ら経満と改名した。
 当時の高橋家は甲突川河畔の鹿児島城下薬師町にあったが、すぐに高見馬場に引っ越したので、新八は周囲に高見馬場の生まれと言っていた。高見馬場の方が閑静な武家屋敷町として、名が通っていたからである。
 新八は三男だったこともあり、幼くして下加治屋町の村田十蔵経典の基に養子に出され、高橋新八から村田新八となった。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-05-19 14:36 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル