しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

散歩のニャンと堺屋太一 7月1日(日)

b0215220_08422108.jpg
草原のニャン。
b0215220_08425728.jpg
昨日のニャンとは違うニャン。
b0215220_08435297.jpg
合流しました。
b0215220_08443490.jpg
      「三人の二代目(下)」 著 堺屋太一
 日本の歴史ではもちろん、世界史の中でも「本能寺の変」ほど劇的な事件はめずらしい。
 事件の原因は様々ある。これまでの史論や小説は、登場人物の個性を重視した、人間ドラマに片寄りがちだ。それをまとめると、
(1)偉大な理念と強烈な個性を備えた「鬼」織田信長と、有能真面目で出世欲に溢れた「人」明智光秀の確執から生じた怨恨説。
(2)織田家中での地位低下や寄る年波に焦った明智光秀が天下の政権奪取を図ったとする野望説。
(3)これに宮中や前将軍らの示唆ないし支持が加わっての大陰謀説。これには羽柴秀吉もその一人だったという珍説さえある。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-07-01 08:46 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル