しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

散歩のニャンと喜安幸夫 7月5日(木)

b0215220_09205911.jpg
草叢のニャン。
b0215220_09212720.jpg
気がついたのね。
b0215220_09252012.jpg
      「両国の神隠し 大江戸木戸番始末」 著 喜安幸夫
 江戸の町々で木戸番人とは、町の運営する九尺二間の小さな木戸番小屋に住み、朝晩に町の木戸の開け閉めをし、夜には拍子木を打ちながら町内の火の用心にまわるのが仕事で、どの町でも木戸番小屋は、”生きた親仁の捨て所”などと言われ、町内で身寄りのない老人や、住む家のない年寄りの仕事だった。雇い主はその町々の町役ということになる。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-07-05 09:26 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル