しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

散歩のニャンと冲方丁 11月14日(水)

b0215220_09050579.jpg
枯葉の中にニャンが。
b0215220_09054446.jpg
こちらにも。
b0215220_09062630.jpg
      「もらい泣き」 著 冲方丁
「わたしが撮ったのはね、奥さんの手だったんです。お見舞いに行くと、師匠が黙って優しくさすってたのを、私もみんなも見てますから、すぐに分かりましたよ、あの人の手だって。だからね、みんな写真を見て大騒ぎするというより、”ああ当然だよな”って感じでした。だって師匠に寄り添うみたいに、奥さんの手が写ってるんですから。それって不思議でもなんでもないですよね。少なくとも私には、当たり前だろ、みたいな感覚しかないなあ」
「ね?言ったでしょ、全然怖くないって。というか私、その写真を撮って以来、心霊写真とか霊とか、怖くなくなっちゃったんですよ。だって、もし霊が本当にいて、一番強い感情のせいでこの世に姿を現すんだとしたら、その感情って、決して恨みつらみなんかじゃないんだろうなって、分かったわけです。きっと感謝の気持ちって、相当強いものなんだろうなって、もう、すとーんとね、心の底から納得できたわけですよ。”ありがとう”って伝えてるだけの相手を、わざわざ怖がる必要なんてないでしょ?だから、怖くないんです。心霊写真なんて、ちっとも」

[PR]



by shinchan7rin | 2018-11-14 09:07 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル