しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

散歩のニャンと小杉健治 11月15日(木)

b0215220_08563250.jpg
道端にニャンが。
b0215220_08570086.jpg
ずいぶんふっくらしています。
b0215220_08573755.jpg
こちらにはミケちゃんが。
b0215220_08583302.jpg
      「市太郎ずし 浅草料理捕物帖(二)」 著 小杉健治
 風神・雷神を左右に安置した風神雷神門は浅草寺境内に入る総門である。単に雷門と呼んでいるが、この雷門は江戸だけでなく、その名は諸国に知れ渡っている。
 江戸見物に出かけるひとのほとんどは「浅草の観音さま参り」を目的とし、それは「伊勢参り」にも匹敵する。
 雷門から正面の本堂までの仲見世は楊枝屋が並び、たいそうな賑わいだが、雷門に向かう参道沿いの並木町には奈良茶飯をはじめとして、料理屋、うどん屋、そば屋、大仏餅、羽二重団子などに店があって、いつもひとでごった返している。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-11-15 08:59 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル