しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

散歩のニャンと木下昌輝 12月28日(金)

b0215220_10222346.jpg
何を見ているのかニャ?
b0215220_10230443.jpg
あ、気が付いた。
b0215220_10235934.jpg
     「敵の名は、宮本武蔵」 著 木下昌輝
   宮本無二斎――通称、無二。
 備前美作(岡山県)を支配する宇喜多家重臣・新免家に、この人ありと言われた武芸者だ。十手と長刀を左右に持つ、変則二刀流の遣い手だ。
 十手といっても、無二が持つのは鉄の棒でできた捕物道具のことではない。十字槍の穂先のように、三方に鋭利な刃が飛び出た古流十手である。二つの凶器を悪鬼羅刹のごとく振るう血腥い戦い方から、宮本無二は「美作の狂犬」とも呼ばれていた。




by shinchan7rin | 2018-12-28 10:25 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル