しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧




6月30日(木)

b0215220_9402761.jpg

犬も涼しそうな床を探して、ペッタリ横になっている。
病院ではわからなかったが、6月の暑さではないな。
食欲も出てきたので気になっていたことを片付け。
須恵の会の作品を備前焼きする段取りをつけ、夕方陽が翳ったので散歩。
夜中に嘔気に襲われ、ゴミ箱を抱えるが間に合わずシーツを汚した。
一寸疲れたかな。
[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-30 09:45 | | Comments(0)

6月29日(水) 七輪陶芸リポート2004

b0215220_921561.jpg


下記の表題はそれぞれレポートにリンクしています。

update 04 12/05 七輪陶芸のこと 165 小川町、埼玉伝統工芸会館で七輪陶芸実演
update 04 09/16 七輪陶芸のこと 158 水注しと玉ぐい呑みを焼いた

update 04 07/26 七輪陶芸のこと 153 玉ぐい呑みを焼いた

update 04 06/05 七輪陶芸のこと 148 徳利と玉ぐい呑みを焼いた

update 04 05/25 七輪陶芸のこと 147 徳利と玉ぐい呑みを焼いた

update 04 04/15 七輪陶芸のこと 143」七輪陶芸実践講座第14回を開講。

update 04 03/16 「うつわのみせDENでの楽焼イベント」紫松窯の本焼きデモもレポートしています。

update 04 02/01 七輪陶芸のこと 136 大きな花生けをゆっくり焼いた

update 03 09/02 七輪陶芸のこと 122 2年ぶりにミニ窯を焚いた

update 01 08/28 七輪陶芸のこと 50 ミニ窯焼成、秘密兵器登場

[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-29 09:35 | 七輪陶芸 | Comments(0)

6月28日(火)

b0215220_912110.jpg

朝一番の採血で、白血球が所定の数値を示したので退院許可が出た。
これで一連の入院加療は終了。一段落したところで、カミさんは仕事の新企画を二つ抱えているが、
それにインスパイアされて陶芸のアイディアが降りてきた。
覗き唐子ならぬ覗きダックスフント、もしくは覗き猫のついたマグカップ。
形と釉薬に気をつけて販売できるものにすること。
土は信楽特赤、釉薬は志野釉を考えている。
[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-28 08:59 | | Comments(2)

6月27日(月)

b0215220_97342.jpg

病棟より北西に榛名山を望む。
昨日の採血結果で白血球が低いので、増量の為皮下注射を打つ。
「ねじまき鳥クロニクル ①泥棒かささぎ編 ②予言する鳥編 ③鳥刺し男編」 著 村上春樹
シナモンにとって重要なことは、彼の祖父がそこで何をしたかではなくて、何をしたはずかなのだ。
そしてその物語は「ねじまき鳥」という言葉をキーワードとして、年代記的にこの現在にまで至っているに違いない。
[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-27 09:28 | Comments(0)

6月26日(日)

b0215220_834513.jpg

食事がとれるようになったので、体重もグラム単位で回復基調。
昨日は秩父でゴスペラ・ミューのサマー・フェスティバルだったが、
カミさんのソロ・パートはいかがだったのでしょうか?
「産霊山秘録」 著 半村良 昭和48年作品
昭和39年の暮れ、香港をとびたった一機の米軍機が横田基地へ着陸し、米軍参謀総長がタラップを踏んで日本の客となった。政府はその参謀総長に対し、航空自衛隊の育成に協力した功で、
勲一等旭日大綬章を与え、労をねぎらった。
その人物の名は、なんと、カーチス・E ・ルメイであった。
彼が行なった昭和20年3月10日の東京大空襲では、83600名の死者と、102057名の負傷者をだしている。
[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-26 09:13 | Comments(0)

6月25日(日)

b0215220_8414137.jpg

外来病棟1階のコーヒーショップにある有料P C 、20分100円である。
1/17~3/18の手術入院の際のディリーコメントの更新、
4/26~5/17の第1回化学療法入院の際のブログ更新に利用させてもらった。
今回は薬を80%に抑えたこともあって、副作用からの立ち直りが早く、栄養剤点滴も終了。
週明けの退院が見えてきた。
[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-25 08:59 | Comments(0)

6月24日(金)

b0215220_8344834.jpg

病棟から北東に赤城山を望む、前橋36℃、熊谷37℃の予報。
未明に、サッカーロンドン五輪アジア二次予選vs. クウェートのアウェー戦をテレビ観戦。
1ー2で負けたが、ホーム・アウェーの傾斜得失点差で予選通過。
[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-24 08:44 | Comments(0)

6月23日(木) 自然釉窯変玉ぐい呑み

b0215220_8284396.jpg

自然釉窯変玉ぐい呑み、信楽特赤、直径7cm. 高さ7cm.
(株)マツダの紫松窯というポータブルでハイカロリー炭を使用することにより、半日で薪窯風に焼成できる窯のデモンストレーションに参加した。
燃焼室に規定量の炭を詰め、点火すると約2時間で1300℃を達成する。
七輪よりも高い温度で窯変をおこし紫色を呈する。自然釉は対流が強いせいで薄くガラス質になった。
[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-23 08:55 | Comments(2)

6月22日(水)

b0215220_6514015.jpg

久しぶりに晴れた朝、病棟から南西に前橋グリーンドームを望む。
前橋、熊谷共に34℃の予報。カミさんはパン屋の厨房で塩を舐めているらしい。
昨夜は点滴の針から液漏れして、針の差し換えを待っている。
「戦雲の夢」 著 司馬遼太郎
盛親は、領国を失い、寺小屋の師匠をしているとはいえ、かつては、四国全円に覇をとなえた長曽我部家の当主である。常ならば知らず、出陣にあたって、ネズミのごとく京を脱け出すのは耐えがたい。旗をたて、馬をそろえ、どうどうと軍勢をそろえ、はばむ者があれば、蹴散らして京をくだるつもりだ。
[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-22 07:07 | Comments(0)

6月21日(火)

b0215220_8181350.jpg

みるみる体重が減ってしまった。おかずの匂いが鼻について食事に手が出ない、果物ならなんとかなりそうな気もするが、仕方ない。
「馬上少年過ぐ」 著 司馬遼太郎
馬上少年過ぐ
世平らかにして白髪多し
残躯天の赦すところ
楽しまざるをこれ如何せん
この、老詩人が伊達政宗である。梟雄といわれた。
伊予の宇和島の町に天赦園という名園がある。
宇和島伊達家七代宗紀がここに隠居所をつくった。
[PR]



by shinchan7rin | 2011-06-21 08:47 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル