しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2012年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧




SFベースの江戸物語・夢枕獏 2月29日(水)

10cm以上積もって昼過ぎようやく雪がやんだ、明日の朝は路面凍結かな。
b0215220_15511189.jpg

     「天海の秘宝 下」 著 夢枕獏
「これは、いずれも我が雨宮家の秘事じゃ」
「割り符とも、『大黒問答』とも別に、雨宮家には伝えられていた訓がありますね」
「訓?」
「大黒訓です」
「光寿三年大黒星現る時大黒割りてその言うことを聴くべし。くれぐれもこれを違うべからず。くれぐれもこれを守るべし」
「大黒天の割り符は、今、持っていますか」
 十郎太は、懐に手を入れ、布にくるんだものを取り出した。
 吉右衛門は、それを受け取り、布を開いた。
 中から、大黒天の像が現れた。縦に真っぷたつにされた木の像の左半分であった。
「さきほど、大黒天が言ったという寺の名でござりまするが・・・」
「おう、退魔寺か」
「その退魔寺、たしか、天海様がお建てになった寺でござりましたか?」
「確かに、天海さまが、当麻山の上に建てられたと聴いている」
「場所は、寛永寺の鬼門の方角!?」




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-29 15:54 | 読書 | Comments(0)

雪が降っている 2月29日(水)

明け方、路地に入ってくる車のタイヤが湿った音を立てていると思ったら、
雪が降っている。しかもなお、積もりつつある。
b0215220_7452476.jpg

カミさんはコーラスグループリーダーのステージ応援に都内に出かける予定なのだが、
出発は午後からだとしても、バスは秩父からやってくるのだ。
b0215220_7483165.jpg

犬は走り回るほど、嬉しそうではないな。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-29 07:51 | 寄居町 | Comments(3)

ようやく窯詰め 2月28日(火)

再三釉掛けの準備をして、度毎都合が合わなかった会員さんの作品だが、
b0215220_10553028.jpg

とうとう時間切れで、お任せということになった。
b0215220_10565212.jpg

練り込み網代模様皿も4枚中2枚は透明釉、2枚は灰釉を施釉。ツクで縁を支える。
b0215220_10585393.jpg

中皿が混ざると窯詰めもゆったり、何とか生涯学習祭りに間に合わせた。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-28 11:04 | 七輪陶芸 | Comments(0)

ドクターはかく語りき 2月28日(火)

昨日は群馬大学放射線科受診、放射線科ドクターと面談。
b0215220_803514.jpg

「近くに大学病院よりも、より副作用の少ない放射線機器を持つ病院がある。
そちらを紹介するので、移られてはいかがか?」とのこと。
色々話を伺った結果転院を決断、月明け早々受診・検査の手はずとなった。
生涯学習祭り準備日と重なったので、欠席連絡をすること。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-28 08:06 | | Comments(0)

祝賀会 2月27日(月)

b0215220_74755.jpg

昨日は午後深谷グランドホテルにて、叙勲祝賀会。
午後1時集合で、受付のお手伝いから、およそ400名がお祝いに集まった。
流石に一寸疲れる、今日は朝一で群馬大学病院受診。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-27 07:51 | 寄居町 | Comments(0)

この天気で乾燥は時間が掛かる 2月26日(日)

サッカーU23はロンドンへ連れて行ってくれそうですね。
東京マラソン、川内君は2H07Mのタイムを出せるのか?陸連はどう対応するのか?
網代模様皿、雨模様ではなかなか乾いてくれない、ヤキモキさせられます。
かといって強制乾燥させると、接着部分が剥離してしまいそう。
b0215220_8494391.jpg

     「天海の秘宝 上」 著 夢枕獏
 本所にあるその家のことを、近所の者は、からくり屋敷と呼んでいた。
どこをどうやって手に入れたのか、十年ほど前から住むようになったのが、堀河吉右衛門という浪人であった。
 住んで、ほどなく屋根の上に立ったのは、大きな風車であった。
 からりからりと風車が回ると、家の中で、ごとりごとりと音がする。
 近くの者は、その家をからくり屋敷と呼ぶようになったのである。
 この吉右衛門、ひょろりと背が高く、どこかひょうひょうとしている。
 鼻は、ほろりと長く、垂れた魔羅のようにも見える。それで小便でもしそうな鼻であった。鼻だけでなく、顔も長いが眼が優しい。この頃の江戸の人間は、象を見たことはないが、その象のような眼をしていた。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-26 08:54 | 読書 | Comments(0)

練り込み網代模様皿を乾燥 2月25日(土)

練り込み網代模様皿を丸い型の上に伏せて置き、縁を立ち上げた物を起こす。
b0215220_9332622.jpg

タタラ4枚貼り合せを縦横切り貼り寄せした部品3×3のピースを4×4で成形した皿。
厚さ1cmにローラーを掛けて27cm角サイズ、中央に直径20cmの凹み。
b0215220_9413416.jpg

こちらは最後に残った切り貼り寄せ部品3×2のピース2個で成形した小皿。
教育委員会から風布生涯学舎の鍵を借りてあるので、来週中に本焼き。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-25 09:48 | 七輪陶芸 | Comments(0)

犬の眼差しと伊東潤 2月24日(金)

b0215220_941541.jpg

特にダックスは眼差しで訴える力が強いように感じますが・・・
b0215220_943505.jpg

      「黒南風の海 加藤清正『文禄・慶長の役』異聞」 著 伊東潤
 かくして、漢城は日本軍の手に帰した。
 日本軍は釜山上陸から漢城入城まで、難路も多い百十里余の行程を、わずか二十日という速さで踏破したことになる。
 また秀吉は、朝鮮在陣諸将に対し、朝鮮八道の“国分け”を以下のように行った。
 慶尚道 二百八十九万石 毛利輝元
 全羅道 二百二十七万石 小早川隆景ら第六軍
 忠清道 九十九万石 福島正則ら第五軍
 江原道 四十万石 毛利吉成ら第四軍
 京畿道 七十八万石 宇喜多秀家
 黄海道 七十三万石 黒田長政ら第三軍
 咸鏡道 二百七万石 加藤清正ら第二軍
 平安道 百七十九万石 小西行長ら第一軍
  合計 千百九十二万石




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-24 09:47 | 読書 | Comments(0)

犬と猫と高橋義夫 2月23日(木)

我が家の犬はミニチュア・ダックス(詳しくはカニヘン)で、貰われっ子。推定12歳
飼い切れないと捨てられるところをカミさんが貰ってきた、甘えんぼ。
猫は元野良で、失明するかもと言う怪我をしたのを見かねて拾ってしまった。2歳。
b0215220_9131489.jpg

私もカミさんも犬歴は長いのだが、猫は二人ともこの子が初めてである。
b0215220_9162194.jpg

     「決闘・閻魔ヶ辻」 著 高橋義夫
 仙次は羽織で包んだ加登屋の首を、胡坐をかいた膝の上に置き、片手で舟端をつかんでいる。久米吉は器用に竿を操った。すでに陽は高い。刻限には間に合いそうもなかった。
「お鯉さんが亡くなっていたら、俺もあっさりと討たれてしまうよ。殺生を重ねてもしかたがねえ」
と、仙次は川面を見つめ、頬に薄笑いを浮かべた。
「事情があると思ったけが、駆け落ちものかや」
「そういうことだ。嫂を連れて逃げたのだから、人の道に外れる。二つ重ねて斬られてもしかたがねえ」
「そだなことになるからにゃ、他人にいえねえ事情があるべや。おれは聞かねえことにする。女敵討ちに来たのは、親類だべな」
「実の弟と叔父だ」




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-23 09:20 | 読書 | Comments(0)

練り込み網代皿を伏せ置き 2月22日(水)

日曜日に、T久井M雄氏旭日小綬章受章記念祝賀会が開催される。
出席を予定しているが、M上氏から電話があり受付手伝いを命ぜられた。
着る物の心配も必要だが、まず身だしなみという事で朝一番に床屋へ行く。
b0215220_1132886.jpg

練り込み網代皿を丸い型の上に伏せて置き、縁を立ち上げる。
タタラ貼り合せ部品を縦横切り貼り3×3のピースを4×4で成形した皿。
厚さ1cmにローラーを掛けているので、型に伏せても27cm角サイズがある。
b0215220_11111074.jpg

こちらは最後に残ったピース2個で成形した小皿、もう少し手を入れることになると思う。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-02-22 11:15 | 七輪陶芸 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル