しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2012年 03月 ( 44 )   > この月の画像一覧




ここはローマか、イタリアか? 3月31日(土)

b0215220_915230.jpg

近年、玉淀河原で発掘されたという(???)「真実の口」。
寄居町武町の袋小路様の道端で、忘れられたように存在している。
花見に誘われてお出かけの際にでも、探して手を入れてみたら如何か?
b0215220_9125523.jpg

寄居町寄居菅原、すき屋寄居店の裏(140号バイパスの北)で鎮座まします大日如来像。
b0215220_9171886.jpg

お堂の足元には、こんな石像も。三猿は見えるが、青面金剛はわからない。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-31 09:23 | 寄居町 | Comments(0)

1980年の藤沢周平 3月30日(金)

今日は外泊予定、図書館からリクエスト本が入荷していると連絡あり、
練り込みの技法本だが、今週は土に触れないでしょう。
b0215220_11452767.jpg

「風雪の檻 獄医立花登手控え」 著 藤沢周平
・・・溜送りか。
浅草田圃と品川の鈴ヶ森近くに、病人を預かる養生牢である溜がある。溜は概して言えば、養生牢であるために小伝馬町の牢獄よりは、住み心地がよく小ぎれいになっている。風通しのよい造りで、板敷には残りなく畳が敷かれ、牢内にへっついを置いて昼夜煮炊きが出来るし、夜も小伝馬町の本牢とはこと変わり、有明行灯を用いる。だがそこは、痛みが堪えがたくて毎夜うめき声を立てる病人を、土間に引き出して同囚の者が蹴殺したりもする、重病人にはこわい場所でもあった。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-30 13:10 | 読書 | Comments(0)

トモセラピー13回目 3月30日(金)

トモセラピー治療費は2010年4月より保険適応となり、一回の照射が10割負担で33000円。
社保や国保適応で自己負担3割、さらに高額医療費限度額適用認定で、月総額8万円程度の自己負担となる(所得により異なる)。
ただし、月総額というのが抜け道で、治療が月を跨ぐと自己負担額が倍になる。
b0215220_7234495.jpg

「小説の散歩みち」 著 池波正太郎
私の場合、原稿紙に向かうときは、仕事の半分は終わってしまったといってよい。書けるところまで行けば、半分は出来てしまったことになる。
それにしても、先人の残しておいてくれた立派な書物には、つくづく感謝の心が起きざるをえない。
たとえば、故吉田東伍博士の著書「大日本地名辞書」のごときは、手垢のつくまで使用させてもらっているが、ページをひらくたびに、この念の入った、ほとんど半生をかけて成しとげられた業績の恩恵を身にしみて感ぜずにはいられないのだ。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-30 07:47 | 読書 | Comments(4)

1993年の宮部みゆき 3月29日(木)

病棟の階段を1階まで降りる、売店は外に出なければならない。
引き返して6階まで昇る、自動販売機にアイスモナカと抽出コーヒーがある。
小銭を持ってお茶しに行こう。
b0215220_13175899.jpg

「震える岩 霊験お初捕物控」 著 宮部みゆき
娘はきちんと膝に手をのせて正座をしている。小柄でふっくらとした丸顔、肌は白いが、近づいてよく見るならば、鼻のまわりにぽつぽつとそばかすが散っていることがわかるだろう。少し下がり気味の目尻の愛らしい顔だちだが、くっきりとした線を描く小さなくちびるをきちんと結んだ口元の線など、なかなかどうして勝ち気そうにも見える。
南町奉行根岸肥前守九郎左衛門鎮衛、この年数えで六十六歳。禄高百五十俵のさして古い家柄でもない根岸家に、二十二のときに養子として入って家督を相続、それ以後、世人が目を見張るような出世の道を歩んで遂に町奉行になった人であるから、気質は磊落、人柄を見込めばお初のような町娘や浪人者などともこだわりなく付き合い、世情にも通じている。
「だって、御前さまの<耳袋>に、またひとつ面白いお話を加えることができますでしょう?」
奇石鳴動のこと <耳袋>(巻の六)





人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-29 17:36 | 読書 | Comments(0)

トモセラピー・ハイアート・システム 3月29日(木)

病室から外を見ると、陽差しはすっかり春なのだが、冷たい風が吹いている。
同室の方が二人、今日は手術ということで、朝からあわただしい。
b0215220_720178.jpg

トモセラピーでは、画像誘導放射線治療(IGRT )が開発され、画像情報の確認と治療を一台機器で行えるようになった。さらにトモセラピーでは、照射治療のたびにCT を撮り、がんの位置を確認し、あらかじめ治療計画の作成に用いられたCT 画像との照合を行い、正しい位置に放射線を補正しての照射を自動で行う。
トモセラピーでは、強度変調放射線治療(IMRT )を行うために、照射方法は360゚全回転し、また加速機の1回転中、51方向から放射線射出ポイントがあり、多方向から照射するため、正常組織を透過する線量を少なくしながら、腫瘍への線量集中性を高く設定できる。そのため、正常細胞へのダメージを抑えながらの治療が可能となった。





人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-29 08:24 | | Comments(2)

1979年の藤沢周平 3月28日(水)

寝てばかりも居られず、階段の昇り降りをする。
6階にレストランがあるが、食事時間以外は自動販売機が利用できるだけ。
b0215220_10201372.jpg

「春秋の檻 獄医立花登手控え」 著 藤沢周平
処刑の儀式は、牢番同心が受刑者がいる牢の前の外鞘に藁縄を懸けるところからはじまる。
次に当番の鍵役同心が、町同心である牢屋見回下役、牢屋の打役同心、牢番同心らと牢の前に行って、出役証文を見ながら、処刑者を確かめ、牢の外に呼び出す。そのとき牢内では押し出しという作法にしたがって、囚人を牢の外に出す。
押し出しは牢名主がキメ板で板の間を打つのを合図に、役人囚人が三人立ち、呼び出された者を羽目板に押さえつけ、二人は左右から手をとり、一人はうしろに回って尻を押し、足踏み鳴らして、「しッ、しッ」と言いながら戸前口から外鞘に出すのである。このとき牢名主が受刑人に紙の数珠をあたえ、口の中に金を含ませて「行って来い」と声をかけるのがしきたりだった。
受刑人はそこで切り縄をかけられ、閻魔堂と呼ばれる牢庭改め番所まで連れて行かれて、検死役の奉行所与力から死罪の言い渡しをうける。そこから受刑人は、斬首の執行をとりはこぶ切り場の下働きに引き渡され、裏門わきにある埋門をくぐって刑場に入って行くのである。
裏門そばの埋門は地獄門とも呼ばれる。受刑人はここで面紙と呼ばれる紙を、顔にかけられる。半紙を縦にして顔にあて、藁で額にしばりつけるのだが、この半紙を折り返して顔の前にさげれば、斬首のときの目隠しになる。



人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-28 15:42 | 読書 | Comments(0)

放射線治療室 3月28日(水)

b0215220_7171112.jpg

病院内、腫瘍センターに放射線治療室はある。
呼ばれたらこの廊下で待機。外来には一人掛けソファーの待合室。
外来の切れ目に呼ばれるので、午前の最後か午後の最後になる。
患者用の寝台固定具は、見たところ10台しかないが、
30分の治療時間から考えると、1日20人の患者さんというところか。
治療室の出入りの際に行き合う方しかわからないが、
ほとんどが外来で入院している方は、今のところ2人しか知らない。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-28 07:38 | | Comments(0)

図書館の新刊、浅田次郎 3月27日(火)

昨日はトモセラピーに呼ばれる前に夕食になってしまい、
CT で確認すると胃が拡充していると指摘された。
放射線治療も3分の1を終了、副作用は確認されない。
b0215220_13271617.jpg

「降霊会の夜」 著 浅田次郎
捨てられた女よりかわいそうなのは、忘れられた女。もっとかわいそうなのは、愛されなかった女。そして私は、それよりもっとかわいそうな、死んでしまった女だった。
次々とすり抜けていく人ごみの中で、私はちぎれながら揉まれながら、声を限りに泣き叫んだ。
誰の耳にも届かない声で。一滴の涙も流れぬまま。





人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-27 13:23 | 読書 | Comments(0)

治療計画用ラージボアCT 3月27日(火)

以前トモセラピーによる 放射線治療を受ける、と書いたところ、
友人から「それはいい機械だ」とメールをいただいた。
調べて見ると、全国で20機、関東には4機が導入されている。
副作用がより少ない治療ということで、群馬大学病院からこちらを紹介されたが、
具体的にどうなっているかというと。
b0215220_8493254.jpg

この治療計画用ラージボアCT で像影剤撮影を行い、治療計画をたてる。
撮影の際に粒状クッションに寝かされ、後頭部から臀部まで位置決めを行い、
クッションは固化されて以後の治療の際、使用される。
同時に胸部には天井より照射されるレーザーラインに沿って、
マーカーが数ヶ所印される。
治療計画立案には、コンピューターで1週間が用されるが、治療は通院でも可。
以下、続く。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-27 09:21 | | Comments(0)

須恵の会で練り込み 3月26日(月)

入院していたこともあり、昨日の須恵の会で2週間ぶりに土を触る。
b0215220_8184158.jpg

寝かしてあった練り込み素材を30cmまで棒状に伸ばす。
b0215220_819496.jpg

30cmの角棒状になった練り込み素材を、3cmの長さにカット。
b0215220_8211022.jpg

カットした練り込み素材各色を、配色を考えながら取り混ぜて配置する。
隙間の無い様集成して、形を整えたら、濡らした布巾で包み、室で寝かせる。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-03-26 08:25 | 七輪陶芸 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル