しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2012年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧




練り込みの構想をネル 4月30日(月)

練り込み模様は、ピース(部品)をつくる際にユニット(模様の構成)サイズが決まる。
中には作業手順を繰り返すことによって、模様のスケールを細かくすることのできるものがある。
どうせなら、模様は細かいほうがいいではないか。と、色々構想を練った。
b0215220_812761.jpg

白を赤で包んで伸ばし、コンビのピースを作る。
b0215220_8142157.jpg

コンビ2本と白単色のピース2本とを組み合わせて、断面を正方形にする。
b0215220_8172159.jpg

組み合わせたピースを、伸ばして切って4本にする。
b0215220_8183692.jpg

4本をもう一度組み合わせる。この断面の正方形がユニットになるが、
この手順を繰り返すことで、ユニットスケールは細かくなっていくはず。
次の作品はこれだな。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-30 08:24 | 須恵の会 | Comments(0)

練り込み縞模様の切り落とし 4月29日(日)

犬は幾分お腹の具合がよくなって、外の気配に吠え付くだけの元気が出てきた。
b0215220_9385100.jpg

とはいっても、椅子に座って本を読んでいると、足の間に入ってくる。
b0215220_9391872.jpg

練り込み縞模様を集成して、丸皿を切り出した切り落としをどうするかと言うと、
ここまでの労力がいかにももったいなくて、ジグソーしてみるのだ。
b0215220_943249.jpg

練り込み技法の場合は、切り落としを練り直しても、元の土には戻らない。だからね。
b0215220_9473353.jpg

縁を浅く立ち上げて15cm×22cmの中皿ができた。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-29 09:55 | 須恵の会 | Comments(0)

練り込み縞模様の皿 4月28日(土)

昨夜は、横浜の実家から帰り道のカミさんが、環八で渋滞にまき込まれた。
すでに連休モードに入っていたのかもしれない。
b0215220_1030770.jpg

早朝の霧。小学生の夏休み、早起きして川へ釣に行くとよく霧が出ていたものだが、
霧の日は晴れて暑くなった。今日の予報は27℃。
b0215220_1036356.jpg

25日に練り込みユニットを集成しておいた縞模様皿を、28cmの型でカット。
b0215220_10374639.jpg

一寸イメージと違うようだが、クリアに模様が出た。赤い部分は焼くと黒くなる。
b0215220_10413386.jpg

植木鉢の受け皿に被せて、縁を立ち上げる。乾燥を急がないこと。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-28 10:47 | 須恵の会 | Comments(0)

モザイク小皿と群馬大学病院 4月27日(金)

b0215220_9504268.jpg

このところ犬が少し体調不良で、凄く甘えるのだ。姿が見えないと呼ぶ、膝に乗る。
群馬大学病院では、担当医と2ヶ月ぶりの面談。
「治療効果判定検査をしましょう」という事で、治療の直接的影響が消えるのを待って、
5月下旬のPET検査、造影CT検査、外来診断の日程を設定。連続で忙しいゾ。
帰り道、高前バイパスの“どん”にてカットステーキ150gを食す。嚥下に苦労。
昨日、思いついたモザイク小皿の縁の立ち上げについて、
前橋往復の車中にてカミさんに相談する(表千家茶道教授の免状持ちなのだ)。
b0215220_1054772.jpg

よく見かける塗りの菓子皿は、右手側奥が折り上がっていたのではないか。
というお言葉に従って、帰宅後修正した。ウン、ずっとすっきりした。
次の練り込みのイメージ:ペーブメントを暖めているのだが、
今朝は起きてみるとぐったり疲れている自分を発見、今日は読書で過ごそう。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-27 10:16 | 須恵の会 | Comments(0)

練り込みモザイク小皿を室から出して 4月26日(木)

b0215220_7465414.jpg

作業を始めると猫がやって来て、材料をいちいちチェック。納得するとなぜか箱に入る。
b0215220_749287.jpg

練り込みユニットを集成して寝かせてあった、モザイク小皿を取り出して縁を立ち上げる。
四隅を立ち上げてから、考える。このサイズなら一箇所を折り上げればいいのではないか?
ではどこを? 向こう側? こちら側? 右? 左?
よく考えると、向こう側左 と こちら側右 は 同じなのである。
これから、日高病院退院後初の群馬大学病院消化器外科外来受診に出かけます。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-26 08:02 | 須恵の会 | Comments(0)

練り込み縞模様を皿に 4月25日(水)

公民館へ顔を出したら、副館長につかまって利用団体協議会総会準備役員会の相談。
ついでに他の陶芸グループが活動中の工芸室の隅をお借りして、タタラ板の作業。
7mmのタタラ板が12枚も必要なので、自宅ではできなかったのだ。
b0215220_10333392.jpg

15cm×9×4.2の練り込み縞模様のブロックを、7mmのタタラで6枚にスライス。
b0215220_10362431.jpg

スライスしたものをそれぞれ斜めに切って、三角形のピースを作る。
b0215220_10375755.jpg

模様を見ながら、鋭角の部分を中心に集める。
b0215220_1039490.jpg

隙間ができないよう中心へ寄せ貼りして、ローラーを掛け、寝かせる。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-25 10:46 | 須恵の会 | Comments(0)

久しぶりの自宅ですること 4月24日(火)

今朝犬の散歩に出たら、ツバメが7~8羽雨上がりの水溜りに群れていた。
桜が終わると、もうそんな季節?今日は暖かくなりそう。
昨日は予定通り退院、帰途関越道上里SAにて掻揚げ蕎麦を恐る恐る食す。
昼食抜きで待っていたので、おいしく、ほぼ完食、うれしい。
上里SAには、博多・那の福という豚骨ラーメンの店があるのだが(アゴだしもあり)、
さすがにハリガネといわれる固めの麺には手が出ない、1年以上のご無沙汰。
b0215220_910122.jpg

自宅では、猫と犬の歓迎、犬が膝から降りようとしない。
これから、未提出の公民館利用団体の書類を公民館へ提出に行き、
リクエスト本が届いていると連絡を頂いた図書館へ寄ってくる。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-24 09:17 | 生活 | Comments(0)

退院許可待ちと北森鴻 4月23日(月)

昨日は午後1番で抗がん剤点滴終了。入浴して、気分的にはさっぱりしたが、夕食も口をつける程度。
須恵の会があったはずなので、5月の段取りについて何本か電話をする。
夜中に空腹を覚えて、ボリュームのあるアメリカン-クッキーを1枚かじる。
今朝は、1番で採血。トモセラピー治療の最終照射、群馬大学病院への紹介状をお願いして主治医の回診を待つ。午後、カミさんと次男が迎えに来る予定。
蕎麦が食べたい、手繰り込むと喉につかえるので、少し延びたようなものでもいいから。
b0215220_961186.jpg

「瑠璃の契り 旗師-冬狐堂」 著 北森鴻
切り子細工は、透明なガラスに色ガラスを重ね、色層の部分をヤスリやろくろで削り取ることで仕上げられる。そのため、削り目は直線的な幾何学模様が大半だが、この椀は違った。切り子の由来となった削り目が、柔らかに曲線を描いているのである。
「それだけじゃないんだな」
瑠璃色の面に描かれた曲線を縫うように、白い球体が一つ、二つ、三つと浮かび上がっている。朧、としかいいようのない、今にも周囲に溶けだしそうな球体である。
「蛍だね」
「しかも、これは切り子の技法じゃない」
グラヴィール・・・と、陶子はいった。
摺り模様ともいう。銅製の回転鑿に金剛砂などの砂を油性液を含ませて付着させ、ガラスの面を削って、複雑な絵模様を彫り込んでゆく技法である。





人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-23 10:09 | 生活 | Comments(0)

あと6時間の点滴と塩野七生 4月22日(日)

今朝は目が覚めると吐き気に襲われた、朝食後に用意された吐き気止めを服用。チーズ、ブドウ、ヨーグルトなど食す。
b0215220_832301.jpg

「ローマ人の物語 ローマは1日にして成らず 上-下」 著 塩野七生
西暦紀元の前と後の境めに生きたギリシア人の歴史家ディオニッソスは、次のように言っている。
「ローマを強大にした要因は、宗教についての彼らの考え方にあった」
ローマ人にとっての宗教は、指導原理ではなく支えにすぎなかったから、宗教を信ずることで人間性までが金縛りになることもなかったのである。強力な指導原理をもつことには利点もあるが、自分たちと宗教を共有しない他者は認めないとする、マイナス面も見逃せない。
ディオニッソスによれば、狂信的でないゆえに排他的でもなく閉鎖的でもなかったローマ人の宗教は、異教徒とか異端の概念にも無縁だった。戦争はしたが、宗教戦争はしなかったのである。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-22 09:07 | 読書 | Comments(0)

抗がん剤点滴4日目と55歳の山本周五郎 4月21日(土)

抗がん剤治療もいよいよあと1日、さすがに食欲不振で退院がどうなるか?昨日の血液検査結果では白血球数値が落ちていないので、すんなり行けば月曜日に退院もあるかな。
b0215220_9274038.jpg

「赤髭診療譚」 著 山本周五郎
「人間の一生で、臨床ほど荘厳なものはない、それをよく見ておけ」
彼は初めて病人の顔をつくづくと見た。それは醜悪なものであった。すでに死相があらわれているし、肉躰は消耗しつくしたため、生前のおもかげはなくなっているのであろうが、眼窩も頬も顎も、きれいに肉をそぎ取ったように落ち窪み、紫斑のあらわれた土色の、乾いた皺だらけの皮膚が、突き出た骨に貼りついているばかりだった。それは人間の顔というより、殆んど骸骨そのものという感じであった。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-04-21 09:51 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

昨年なのですね。たまにこ..
by Cat at 13:42
昨年秋、埼玉県寄居町です。
by shinchan7rin at 09:59
半年前に行方不明になった..
by Cat at 21:47
これからも宜しくお願い致..
by shinchan7rin at 08:55
はじめまして、筒井と申し..
by 筒井 at 13:16
拝見しました。我が家は北..
by shinchan7rin at 08:37
そうなんです。 ちなみ..
by 歩きの4号 at 19:35
> 歩きの4号さん 新..
by shinchan7rin at 08:47
今日武蔵野銀行によったら..
by 歩きの4号 at 19:05
> 歩きの4号さん 5..
by shinchan7rin at 08:47

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル