しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2012年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧




コーラスレッスンと村上龍 5月31日(木)

b0215220_10204774.jpg

昨日は午後、カミさんと秩父まで足を伸ばして「ゴスペラ・ミュウ」のコーラスレッスンに参加。
自分とすれば気管から声帯のリハビリの積もり、我が家の猫:名前はミュウ。
最近とみにずうずうしくなってきて、成形中の陶芸粘土の上を歩く。眼の直前を横切る。
b0215220_10273292.jpg

     「歌うクジラ 下」 著 村上龍
 想像と実行はまるっきり違うものだと、別の声は告げる。強迫観念というのは過去の想像に支配されてしまうことではないのか、ナイフに映ったぼくの口が動いている。何百回と想像するのは、想像を実行するためではない。想像は自立的なものだ。想像は、想像することそのもののために、つまり信号を言葉に翻訳するためにある。
 アキラ、失った答えは、失くした場所でしか見つからないのだ。何をなすべきか、何をなすべきではないのか、その答えを探すのは、魚の腐った臓物が散乱したゴミ捨て場の真ん中で失くした財布を探すのに似ている。辛い作業だが、ほかの場所を探しても失くしたものは見つからない。お前はすでに正しい答えを知っているはずだ。正しい答えは、いつもシンプルだ。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-31 10:31 | 読書 | Comments(0)

練り込みモザイク・縞放射・歩道敷石模様のこと 5月30日(水)

b0215220_840143.jpg

練り込みモザイク模様のピース(2cm角)を集成したところ。
高さは約3cmで、結着したら4枚にスライスしてユニットになる。
と、まあ、3月以後の練り込み陶芸に一段落がついたので、一度まとめてみた。

HP「La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火」を開設したのは1999年6月。
そこで述べているように吉田明氏の「すべてができる七輪陶芸」との出会いが始まりだった。
あれから13年、HPの中の土と火でやっていること・七輪陶芸など
風布で本焼きのこと 30 練り込みモザイク・縞放射・歩道敷石模様のこと。 をアップデートした。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-30 08:57 | 七輪陶芸 | Comments(0)

ワーナーマイカルと村上龍 5月29日(火)

この数年、ロードショーといえばカミさんと二人(Over50で二人で2000円)、
犬猫におとなしく留守番を申し付けるにあたり、レイトショーが定番となった。
b0215220_974958.jpg

白塗りといえばDepp様、夫婦してファンなので「ダーク・シャドウ」は見逃せない。
くどいと言えばそうなのだが、パイレーツよりは抑えた(?)演技かな。
ま、この料金で大画面なら、まず失敗はないといって良い。それにしても空いている。
b0215220_913233.jpg

     「歌うクジラ 上」 著 村上龍
 SW遺伝子が発見されたのは二〇二二年だ。二〇二二年のクリスマスイブにアメリカ合衆国海軍の潜水艦がハワイのマウイ島近くの海底付近でグレゴリオ聖歌の第二旋法の中の一つの旋律を正確にくり返し歌うザトウクジラを発見した。潜水艦はそのザトウクジラを追跡し皮膚組織と神経組織、それに血液サンプルを採取した。年代測定を行った古生物研究所は、信じがたいことだがそのクジラの年齢は最低でも一四〇〇歳だと測定されると発表した。
 やがてそのクジラは、俗に生命時計と呼ばれその摩滅と短縮が老化につながるテロメアという遺伝子を修復するテロメラーゼという酵素を大量に持っていることがわかった。しかもテロメラーゼの働きで不死になった細胞がある限度を越えて増殖しないための抑制因子を持っていること。つまり細胞の癌化を抑制する因子も持ち合わせていること。さらに活性酵素によるタンパク質やDNAの損傷を抑制し修復するための因子を持ち、それは細胞内のミトコンドリアにも作用していること、またそのクジラには脳にも幹細胞があって神経ニューロンを新しく作り出すための因子を持っていること、そして驚くべきことに、その因子は唯一つの遺伝子によってコードされていることが判明した。
 その魔法のような遺伝子は、歌うクジラ、Singing Whale遺伝子と名付けられ、ヒトへの応用に対しては今後も国連と複数のNGOが監視・関与していくことが決まった。
          ※ ※ ※
 わたしたち人間には他の動物と違う重要な二点があるのだ。一つは不鮮明になった発情期で、二つ目は長期の未成熟性だ。それらはそれぞれ強い繁殖力と、言語および社会性を学ぶ時間を獲得するための進化の淘汰圧になりえたがその代償が社会化だった。わたしたち人間が言語を中心とする複雑な文化を生み出した背景には、発情期の喪失、そして長期の未成熟性という犠牲が伴っていて、その補完には社会化しかなかったということになる。おもに言語による社会化の過程で、わたしたち人間は性的想像および行為を制御する必要に迫られ、精神の発達に応じた禁忌のスケジュールを作成して宗教や道徳などを利用し、固体に性的想像や行為の倒錯を禁じるという装置を考案したが、社会の成熟が飽和に達したときに、そのシステムそのものに制度疲労が生まれることを知らなかった。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-29 09:20 | 読書 | Comments(0)

風布で本焼きのこと 5月28日(月)

b0215220_944655.jpg

先週先々週で、風布で須恵の会の素焼き2回本焼き2回の窯焚き。
ご覧の通りの大きな花生け、備前が莢3台分など在ったので手間取った。
b0215220_983864.jpg

この莢は、焼成前から危惧した通り、詰め込み過ぎのせいかブクが出た。
b0215220_9105693.jpg

同じ窯でもこちらの莢はうまく焼けている、置き場所の上か下の違いか?
b0215220_9143529.jpg

教会と猫の合唱隊:ゴスペラ・ミューなども。
発声のリハビリに、私も参加してみようかと思案中である。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-28 09:19 | 須恵の会 | Comments(0)

練り込み顔料を入手 5月27日(日)

b0215220_9114267.jpg

先日福島釉薬まで出かけた際に、練り込み用の顔料を入手してきました。
そのうちに、練り込みモザイク模様に再挑戦する積りですので。
b0215220_9173830.jpg

これは「ひわ」色、30g取り分けて、最大混入量は10%だそうですから、
特上信楽(福島釉薬の商品中、焼いて一番白くなる陶土)300gに混ぜる。
b0215220_9225396.jpg

発色はこんな感じ、焼くともう少し冴えた色になるのではないかと思われます。
b0215220_925999.jpg

ピンク系では一番強い色「陶試紅」、名称が一寸オサレ。他に黄、青、焦げ茶、黒。
絵の具と違って色目に偏りがあるので、濃度を変えて使うかな。
手元のカタログより、結構お高くなっているので驚かされました。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-27 09:34 | 七輪陶芸 | Comments(0)

群大病院担当医との面談 5月26日(土)

治療の直接的影響が消えるのを待って治療効果判定検査を実施という事で、
群馬大学病院にて、Pet/CT検査に続き造影CT検査を行った。
2回の検査結果については、木曜日に担当医と面談が行われたのだが・・・
b0215220_839029.jpg

3~4月の入院前に見られたFDG集積による光跡は消えていた。
とりあえず一安心である。
ドクターは、飲み薬による抗がん剤治療を実施しましょうか、とのたまうのだが、
とりあえず遠慮願って、嚥下痞え・逆流を訴え、内視鏡検査の予約を入れてきた。
帰り道、髭剃りの替刃を探す。余まらせてもナ、という気持ちが働いていたのだが、
今回は思い切って倍量購入(千円しか違ワンだろうが)。
b0215220_8514011.jpg

一度ひびの入った練り込みペーブメント模様皿に湿りをくれて修正し、再度縁を立ち上げる。
乾燥する際、土が元に戻ろう:平らに開こうとして、ひびが入ると思われるので、
縁を立ち上げる型に使う器に入れたままで乾燥させることにした。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-26 08:59 | | Comments(2)

練り込みペーヴメント模様の増殖 5月25日(金)

b0215220_11281937.jpg

23日に始めた練り込み基本組み合わせピース③を4つ組み合わせたピース④。
b0215220_11324956.jpg

寝かせてあったものを取り出して、伸ばして二つに切る。
b0215220_11334630.jpg

更に伸ばして、再度二つに切り、ピース④を4本にする。
b0215220_11355577.jpg

4本を組み合わせて、基本ピース①の16倍となるユニットを成形。
この段階で750g:5cm角×17cm。また濡れ布巾で包み、室で寝かせる。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-25 11:47 | 七輪陶芸 | Comments(0)

群馬大学病院検査結果と内田百閒 5月24日(木)

さて、Pet/CT検査と造影CT検査の結果やいかん、晴れて放免されることを祈るのみ。
今日も暑くなりそうな前橋まで出かけてきます。
ただし、今の私は余り暑さを感じない体である。カロリーが足らないのだろうね。
b0215220_7401362.jpg

     「第二阿房列車」 著 内田百閒
 新潟は初めてではない。
 大正十二年の大地震より何年か前に行ったことがある。
 その当時、陸軍教授を拝命し、陸軍士官学校の教官であった。
 出張を命ぜられることになって、行く先も多少はこちらの希望がかなへられたので、私は京都へ行きたいと思った。ところが発令になってみると、私の出張先は仙台である。甚だ気に入らないが、さうときまった以上、後から文句を云っても仕様がない。しかし、どうせ何日かのお暇をもらって東京を離れるなら京都へ行きたい。
 京都へ行きたいが、仙台へ行きたくないと云ふのではない。
 そこで私は考へて、かう云ふ事にきめた。命に従ひ、仙台へ出張する。その出張の途次、京都へ立ち寄って来よう。京都へ立ち寄るのは出張の途中でなければいけない。仙台から京都へ廻って、東京へ帰る。東京へ帰るのは一ぺんだけにすることが必要である。
 それで鉄道地図を按じて、道順を研究した。
※私も高校生の時、長野から埼玉へ帰るのに、京都経由したことがあります。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-24 07:44 | 読書 | Comments(0)

モザイク模様土の再生 5月23日(水)

モザイク模様に使ったのは、一番白く焼きあがる陶土(福島釉薬)特上信楽。
五種類の顔料を混ぜているので、再生すると混合してグレーになる。
b0215220_852052.jpg

グレーのままだと食器には向かないだろうと、弁柄を混ぜた。左の2ケ、右はグレー。
b0215220_854371.jpg

ペーヴメント模様を成形するつもりで準備、左:弁柄混250gを二つに分ける。
中:グレー250gを6本に、右:弁柄混250gは後で二つに分けて使う。
b0215220_8585213.jpg

二つに分けた弁柄混をそれぞれ3本のグレーで包む。これがピース①.
b0215220_901340.jpg

包んだピース①を伸ばす。
b0215220_94249.jpg

残してあった弁柄混を二つに分けて伸ばしたピース②と合わせてピース③とする。
b0215220_971253.jpg

ピース③を伸ばして二つに切ってピース④。
b0215220_911267.jpg

更に伸ばしてそれぞれ二つに切って、4本をあわせたピースa。
よく形を整えて、濡らした布巾で包み、室(発砲スチロール)で寝かせる。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-23 09:16 | 七輪陶芸 | Comments(0)

モザイク模様皿の再生と造影CT検査 5月22日(火)

治療の直接的影響が消えるのを待って治療効果判定検査をしましょうという事で、
群馬大学病院にて、先日のPet/CT検査に続き本日は造影CT検査を実施予定。
2回の検査結果については、木曜日に担当医と面談予約が入っている。
b0215220_726395.jpg

3月の生涯学習祭り以後、成形した練り込み模様皿は3種類。
2種は乾燥中にひび割れてしまったのだが、唯一乾燥に成功していながら、
不注意から割れてしまった練り込みモザイク模様皿。
b0215220_7263610.jpg

器に布を置き、割れた皿をさらに細かく砕いて入れる。
水を張って溶かす、ゆるい粘土状になる。
布毎持ち上げて口を縛り、吊るして水を切る。
今の陽気なら三日で作業できる状態に、粘土を再生できます。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火
[PR]



by shinchan7rin | 2012-05-22 07:34 | 須恵の会 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル