人気ブログランキング |

しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2012年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧




柔道観戦と練込マチエールペーヴ模様 7月31日(火)

頂き物の豆乳ドーナッツ、ヘルシーと言う触れ込みなのでおやつに食べた。
暑さのせいでしょうかね、油がよくないようで、まずい。 やれやれ・・・
4年に一度の柔道観戦が続く。青旗下げて白上げて、の揺れる判定は、
シドニー五輪の篠原=ドゥイエ戦の誤審の是正:ビデオ判定の導入による。
相撲で時たまある「行事差し違え」みたいなもんだろう。
まるでレスリングだった足元タックルも、反則になったのはよいと思う。
夢枕獏氏の「東天の獅子 全4巻」、戦闘力を奪う格闘技たる嘉納流柔道、お読みあれ。
b0215220_10201642.jpg

7/28に成形した練込ペーヴ模様ピースAを断面2.5cm角まで伸ばして、4本にする。
b0215220_10285135.jpg

4本を並べて積んで接着、ユニットAの出来上がり。
b0215220_10311936.jpg

600gのものが2本、濡れ布巾で包んで室で寝かせる。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-31 10:37 | 須恵の会 | Comments(0)

夜眠れないので練込マチエール準備 7月30日(月)

サッカーを見る人のなかには、1-0で勝つより4-5で負けるほうがまし。
と言う人がいるらしい、ゲーム的には観ていて面白いのだろう。
関塚ジャパンは74分に清武のロングパスに永井が走ってループシュート。
結局寝そびれてしまいました。
サッカーは目を離した隙に得点するので、と言う野球型の方がおりますが、
私は別にこの世に野球がなくても困らないので、悪しからず。
柔道日本は、組み手に苦労させられて、金に届かない。
b0215220_9401486.jpg

練込マチエールBの準備、モルタル風を狙ったミックス土をスライス。
b0215220_9415243.jpg

質感の違う備前土をスライス。
b0215220_9433460.jpg

2種の土を交互に積み上げる。瓦積みの土塀をイメージしている、ウォール模様。
b0215220_9462169.jpg

200gの塊が二つできた。
b0215220_9502688.jpg

ブロックとして見える面に変化をつけるため、スライスして積み替える。
b0215220_9522097.jpg

ブロックとして使う際には断面5cm×5cmにする。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-30 09:58 | 須恵の会 | Comments(0)

鉄棒あん馬で内村落下と羽太雄平 7月29日(日)

金は確実といわれていながら、確実なものなんてないのだ。ということ。
b0215220_1049611.jpg

モップじゃないよ、ミニチュアダックス・♀・12歳がエアコン吹き出し口の前で昼寝。
b0215220_10515811.jpg

ミケ・♀・3歳が扇風機、風の通り道で昼寝。こんな景色のほうが気が休まる。
b0215220_105431100.jpg

      「江戸闇草紙」 著 羽太雄平
 鬼怒川の川岸に近い結城あたりは、もともと桑の栽培に適していて、養蚕による生糸の生産が盛んな土地だった。その後、藩主の奨励もあって、農閑期の副業として真綿をつむいで独特な織物を作るようになった。それが紬なのである。
 真綿とは、繭の中の蛹が、羽化するときに喰いやぶったくず繭を使う。繭から糸を取り出す生糸と違って、言ってみれば廃物利用から生まれている。しかも百姓が片手間に織り上げた分厚い織物は、丈夫で長持ちして、何度も洗うとえも言えぬ風合いも出て来るとあって、江戸の通人に評判になった。
 真綿を紡ぐのは、大方その家の主婦の役目だった。
 撚りあがった糸玉(ぼっち)は、管に巻き取り、経糸と緯糸に分けられる。この整経(はたのべ)仕事は大体、その家の祖母の役目であり、絣や亀甲の模様に染まるよう、経糸を木綿で固くしばる糸くくりは、力がいる仕事ゆえどこの家でも男が分担していた。
 染めた糸を若い嫁が織る。機仕事には織り目をくずさぬ丹念さが必要で、身持ちの固まった若い嫁が適しているのである。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-29 10:58 | 読書 | Comments(0)

オリンピック開会式と練込マチエール 7月28日(土)

やっぱり出てきたポール・マッカートニー。
ただし、すでにして親もビートルズを知らない世代が出てきているんだよな。
TVで開会式をつけておいて、7/25に降りてきたミューズを具体化する。
b0215220_109551.jpg

素材のメインは備前土を使うことにして、100gの塊を用意する。
b0215220_10111057.jpg

モルタル的素材感を得ようと、手持ちの材料の中から、信楽赤に道具土を混ぜる。
b0215220_10133140.jpg

備前土を筒状にしたものを、ミックス土で包む。
b0215220_10163443.jpg

備前土とミックス土で包んだ筒を交互に並べて。
b0215220_10174079.jpg

それぞれ2本、計4本で角柱を成形するとペーヴ模様。これがピースAになる。
濡れ布巾で包んで室で寝かせて休憩、もう2種類準備する予定。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-28 10:26 | 須恵の会 | Comments(0)

猫の出奔と練込花びら模様の準備 7月27日(金)

関塚ジャパンが番狂わせ(ジャイアントキリング)でスペインに1-0。
守備が良く、永井も最後までよく走った、惜しむらくは枠へ飛んだボールを止められたこと。
猫が朝、開いていた窓から出奔、午後病院から帰っても戻っていない。
b0215220_1036246.jpg

サッカーが始まる頃になって、泥んこで帰還。がつがつ食べて糞をする。
b0215220_10383221.jpg

練込グラデーション花びら模様の準備、ひわ色のピース。
b0215220_10404771.jpg

ブルーのピース。この形では到底花びらには見えないが。
b0215220_10443241.jpg

茶色のピース、横幅をぐっと縮めて奥へ長く伸ばす。
b0215220_10462421.jpg

黒のピース。小指の爪程度の断面まで小さくすると、花弁らしく見えてくる。
例によって、このまま濡れた布巾に包み室で寝かす。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-27 10:51 | 須恵の会 | Comments(0)

練込花びら模様碗と山本兼一 7月26日(木)

なでしこはカナダに危なげなくまず1勝。起きていられませんでした。
イチロー君は、今年春からコマーシャルへの露出が増えたと思っていましたら、
そろそろ引退間近なんでしょうか?そんな気がしますな。
b0215220_8301986.jpg

練込花びら模様碗を修正、花びら模様が割と上手くいった様だ。
b0215220_8323228.jpg

     「狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ屋光三郎」 著 山本兼一
 刀剣の鑑定は、本阿弥家が絶対の権威を持っている。
 賄賂の小判に眉をひそめる正義漢も、刀剣の贈答までは、口をはさまない。
 そこで、刀を送る時に一計を案じた利口者がいた。贈答の際に添える本阿弥家の折り紙に、たとえば、このように書いてもらうのである。
   正宗
   正真 長二尺一寸五分
   代 金子三百枚
   享保五年霜月三日 本阿(花押)
 その刀が正真であろうがなかろうが、そんなこととは無関係に、本阿弥家では、折り紙をつけ、高価な刀であることを証明した。
 そして、後日、その刀と折り紙を持った人物が店にやってくれば、そこに記されている金額で買い取った。
 折り紙を依頼した贈り主が、あらかじめその金額を本阿弥家に預けているのである。
         ※バブルの頃の贈答絵画贈賄と同じ。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-26 08:38 | 読書 | Comments(0)

練込技法とマチエール 7月25日(水)

録画しておいたTVの美術系番組を見ていて、降りてきたものがあった。
b0215220_10484546.jpg

このマチエールはつかえるぞ。
花束を二度ばかり頂く事があったが、重めでつかえる花瓶がなく造ろうかと思っていること。
b0215220_1053684.jpg

練込の延長として、違う素材の粘土を組み合わせたらどうかということ。
色々なユニットのブロックを準備しておいて、組み合わせたらどうかということ。
ただし、今日はゴスペラミュウのレッスン、明日は群大受診、あさっては歯科受診。
手をつけるのは、土曜日以降になる。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-25 11:02 | 須恵の会 | Comments(0)

練込グラデーション:花びら模様の準備 7月24日(火)

b0215220_1061548.jpg

色粘土:黄100g、70g、30gと特上信楽(極白)70g、30g、100gと20g×2を準備。
b0215220_109363.jpg

黄粘土70gと白粘土30g、黄30gと白70gを混ぜてグラデーションの準備。
b0215220_10121689.jpg

黄から白まで4段階のグラデーションを板に延ばして積む、これがピース①。
b0215220_10141928.jpg

ピース①を伸ばして二つに切り分け、間に白20gをはさむ、これがピース②。
b0215220_10181669.jpg

ピース②を再度伸ばして二つに切り分け、間に白20gを挟む。
b0215220_10203764.jpg

これがユニット:花びら模様の最小構成単位になる。形を整えるのはまだこれから。
b0215220_10223272.jpg

340gのユニットを、とりあえずこの程度に形を整えて、濡れ布巾で包み室に寝かせる。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-24 10:27 | 須恵の会 | Comments(0)

蝉の声と練込作品 7月23日(月)

今朝、ひと時だけ蝉の声がきこえた。今年初めてである。
カミさんが友人関係で行っていた痩身エステ、成果発表大会で成田まで出かけたが、
なんと、参加30名中準優勝を頂いてきた。
フワついて、パン屋で火傷でもしなければいいのだけれど。
昨日は須恵の会、ようやく高台がついた、練込グラデーション花びら模様碗。
b0215220_10181866.jpg





人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-23 10:21 | 須恵の会 | Comments(0)

ミニコンサートと押井守 7月22日(日)

b0215220_4552757.jpg

昨日午後6時からのマンドリンミニコンサート。観客は約100名。
月に一度、役場ロビーを無料開放してのイベントである。
同窓生にメールが回って、数名が集合。コンサート終了後、暑気払いが行われた様子。
サッカー・U23テストマッチ、ロンドンオリンピック直前、かろうじて2-1。
高い位置でディフェンスするメキシコ、日本がやらなければいけないことでしょう。
b0215220_582276.jpg

     「番狂わせ 警視庁警備部特殊車両二課」 著 押井守
 正式には警視庁警備部特殊車両二課第二小隊所属のレイバー操縦隊員。
 二足歩行を旨とする、つまり車輪のない人間型の歩行ロボットを車両扱いするのはどうかと思うが、「ロボット」という名称は警察に相応しくないと思ったのか、新たな呼称を思いつかなかったのか、単に面倒だったのかレイバーの部内における正式な分類呼称は「特車」なのだ。
 通称特車二課、パトロールレイバー中隊。
 パトレイバーの誕生である。

「オランダは間違いなく欧州サッカー会を代表する国であり、全ての戦術はオランダに始まるとも言われている。なぜだか判るか」
「オランダが小国だったからだ。小国としての自覚と勝利への意欲が戦術的要請を生み、それに合わせて全てを変化させることを躊躇しなかったからだ・・・オランダの勝利には常に番狂わせ(ジャイアントキリング)の意味がある」
 もしかすると、と俺は思った。
 今回の任務は解体寸前の特車二課の存続をかけた戦いなのかもしれない。
 元来がいつ消えてもおかしくない――なぜいまだに存続しているのか、よく判らない部隊なのだから、弱者であることに甘んじているなら、いずれは消え去る。
 勝負の世界において、ときに強者を相手に番狂わせを演じること以外に、弱者が生存を主張できる根拠はない。




人気ブログランキングへ

La Mer La Terre et Le Feu  しんちゃんの海 土と火



by shinchan7rin | 2012-07-22 05:14 | 寄居町 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル