しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2018年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧




散歩のニャンとあさのあつこ 9月30日(日)

今日は箱根ラリック美術館へ行こうと計画していたのですが、台風24号で中止。
b0215220_09052117.jpg
フェンス際のニャン。
b0215220_09060438.jpg
何やら思索中。
b0215220_09071572.jpg
      「風を繍う」 著 あさのあつこ
 女の小袖の意匠が優美に華麗に変化して行く。その先駆けとなった形式が慶長の世の小袖、慶長小袖だった。地を絞り染によって複雑に染め分け、模様を刺繍や鹿子絞り、金箔や銀箔を貼り付ける摺箔で表す。その生き生きとした動きのある意匠は寛文小袖に受け継がれ、元禄のころ、刺繍や鹿子に技巧をこらした豪奢な元禄小袖として結実する。時の公儀によって度々、禁令が出たほどの豪奢ぶりであったらしい。
 この後、小袖の流行は友禅染へと移り、絞りや刺繍は主技法から外れていくのだ。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-30 09:08 | 読書 | Comments(0)

渋皮煮と喜安幸夫 9月29日(土)

同窓生から栗を頂いた。
カミさんが夜なべして荒皮を剥いて、渋皮煮をつくった。
b0215220_10140094.jpg
季節の味、好物です。
b0215220_10145044.jpg
甘みがちょっと足りない気がするが、あまり砂糖を使うと固くなるので。
b0215220_10171938.jpg
      「木戸の弓張月 大江戸番太郎事件帳23」 著 喜安幸夫
 江戸に限らず、富士の霊峰が拝める一帯では、古くから富士山そのものがご神体とされ、そこに登れば大願成就のご利益があるとされた。だが、江戸から駿河と甲斐にまたがる富士山まで、そう簡単に行けるものではない。そこで江戸の住人は自分たちの町に富士塚というのをつくった。ちょっとした山のように土と岩を円墳状に盛り上げ、灌木も植えて自然に似せた石段を組み、五合目、八合目といった石塚まで設け、頂上には富士浅間神社を模した祠を祀った。そこに登れば、本物の富士山に登ったのと同じご利益があるとしたのだ。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-29 10:18 | 読書 | Comments(0)

散歩のニャンと堺屋太一 9月29日(金)

雨が降って寒くなったので、我慢しないで暖房を使いました。
b0215220_09210630.jpg
2匹寄り添うニャン。
b0215220_09215230.jpg
たたずむニャン。
b0215220_09224792.jpg
      「世界を創った男 チンギス・ハン 4天尽地果」 著 堺屋太一
 七日目、最大の議題「可汗の選出」が行われた。巨人祈祷師のテプ・テンゲリが太鼓で囃しながら天に祈り、全身を痙攣させて天声を代弁、チンギス・ハンを指名する。他の祈祷師もこれに和した。
 それを受けて、参加者全員が「チンギス・ハン」「チンギス・ハン」と合唱し、代表者が跪いて就位を促す。しかし、チンギス・ハンは、
「わたしは非才にしてその任にあらず」
 と断り、自分専用のゲルに退く。そんなことを二度繰り返した末、三度目には「衆望抑え難く可汗に就く」ことになる。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-28 09:24 | 読書 | Comments(0)

散歩のニャンと堺屋太一 9月27日(木)

b0215220_10111078.jpg
後姿の哀愁。
b0215220_10115212.jpg
立ち去りゆくニャン。
b0215220_10124045.jpg
     「世界を創った男 チンギス・ハン 3勝つ仕組み」 著 堺屋太一
「これまでの敵は弱かった。だからわが軍は湖のように広がって襲い、鑿のように尖って突撃するだけで勝てました。今度は違います。堅陣を敷いて、待ち構える敵に挑むのです」
「敵軍が数で多くても怖くはありません。武器で優れていても恐れることはありません。陣が堅く兵糧が多くても気にすることはありません。わが軍が規律で勝り指揮で優れていれば必ず勝てます」
「規律を守るのが大切なのは、攻める時より逃げる時、指揮の妙が発揮されるのは、最初の衝突よりも攻めを再開する際です」
「逃げる時は、最初の攻撃の発進地点に戻るように命じるのです」

[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-27 10:14 | 読書 | Comments(0)

食事会 9月26日(水)

月に一度の男子食事会。
b0215220_11215165.jpg
深谷の中華、四海聚。
b0215220_11223372.jpg
本日は参加者が少し少なめ。
b0215220_11230776.jpg
近々に親を亡くした方などいて、相続の話とか。
b0215220_11241556.jpg
調理人が変わったのか、少し塩がきつい。
石持の唐揚げ。


[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-26 11:25 | 散歩 | Comments(0)

散歩のニャンと堺屋太一 9月25日(火)

b0215220_10241403.jpg
庭先に2匹のニャンが。
b0215220_10250645.jpg
親子かしら、似ているような。
b0215220_10261852.jpg
      「世界を創った男 チンギス・ハン 2変化の胎動」 著 堺屋太一
「史上最大の成功者」ともいうべきチンギス・ハンの発想法は、常に目指す理想(ビジョン)―現実の概念(コンセプト)―実現する筋道(シナリオ)―象徴的手段(シンボル)の段階を踏む。これは今も事業プロヂュースの要諦だ。
 総人口二千人余、当時の漠北でなら中規模の集団を率いることになったチンギス・ハンは、まず「ハン集権」の統治体制のビジョンを描いた。それはのちにアジアに拡がる「一君万民」の、やがて西欧に生まれる絶対王朝の思想の芽生えであり、出身の氏族や身分、信仰に関わりなく能力と貢献によって役と力が得られる人間無差別の競争社会にも繋がる。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-25 10:27 | 読書 | Comments(0)

ムースと堺屋太一 9月24日(月)

カミさんが作ったムースをお土産に。
b0215220_11132994.jpg
コーヒーとラムのムース。
b0215220_11142146.jpg
まだ香りも飛んでいない。
b0215220_11152393.jpg
     「世界を創った男 チンギス・ハン 1絶対現在」 著 堺屋太一
 当時の遊牧民は一夫多妻。有力な男性には多くの子が生まれたが、幼児死亡が多いこともあって、健全に育つ男子は五、六人が普通だ。
 一方、遊牧民の慣習では末子相続、男の子は独立できる年齢になれば財産の家畜を分けてもらって親元を離れる。最後に残る末っ子が一家の財産を継ぎ老親の面倒を見る。このため末っ子はオッチギン(炉の火を守る人)と呼ばれた。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-24 11:16 | 読書 | Comments(0)

散歩のニャンとあさのあつこ 9月23日(日)

b0215220_08531368.jpg
2匹のニャン。
b0215220_08534808.jpg
1匹と目が会ったら。
b0215220_08542020.jpg
ダッシュ。
b0215220_08551848.jpg
      「花を呑む」 著 あさのあつこ
 ちっ。
 信次郎が舌を鳴らす。いかにも忌々しげな響きだ。舌打ちにしろ、薄ら笑いにしろ、慇懃無礼な物言いにしろ、信次郎は人の心をたくみにそそけだたせる。ほとんど天賦の才だ。そんな才が自分に具わっていなくてよかったと、伊佐治は思う。本心だ。
 人の心をそそけだたせ、乱し、揺する。信次郎によって、人は心の奥深く隠し込んだものを引きずり出されてしまう。あるいは、知らぬ間にぽたぽたと零れ落ちさせてしまう。それに気づき慌てふためく者たちを信次郎は底冷えする眼差しで見つめ、あるときは嗤笑し、あるときはからかい、あるときは容赦なく追い詰める。そこに、他人への恩情や恩愛は欠片もない。欠片でもあってくれれば、岡っ引きとして付き従うのがずい分楽なのにと嘆息する。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-23 08:56 | 読書 | Comments(0)

動物病院と喜安幸夫 9月22日(土)

ワンコのアレルギーの薬が亡くなったので、動物病院へ。
b0215220_09440357.jpg
深谷・上柴のめい・らいむ。
b0215220_09444567.jpg
薬を出してもらうだけなので、あっという間。
b0215220_09460674.jpg
      「御纏奉行闇始末 うごめく陰謀」 著 喜安幸夫
 見倒屋とは、事情があって急に住まいを引き払おうという者にとっては、便利なことこの上ない。そっと呼べば、部屋にあるものなら古着や布団はもちろん、卓袱台に鍋から笊、茶碗、箒に擂粉木と、何もかも根こそぎ買い取ってくれる。川柳にも”見倒屋は刀を差して鍋をさげ”というのがあるが、浪人者に呼ばれたなら刀まで買い取っていく。だが、それらのほとんどが急にということで、買い手は値切りに値切る。品を見倒すのだ。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-22 09:47 | 読書 | Comments(0)

リハビリ陶芸 9月21日(金)

デイサービスにお邪魔してリハビリ陶芸を実施。
b0215220_09220160.jpg
手前のカップを見本に。
b0215220_09224145.jpg
蓋つきのカップを作ります。
b0215220_09231504.jpg
四つ足の動物ができそうだ。
b0215220_09235396.jpg
お月見のお団子か?
いえいえブドウになりました。
何をつくるか苦労されています、お疲れさまでした。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-09-21 09:25 | 須恵の会 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル