人気ブログランキング |

しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧




須恵の会 10月31日(水)

今月はお出かけとぶつかって、1回お休みしています。
b0215220_08334664.jpg
数か月ぶりに長老が出席。
来年の干支の猪でも作ろうか、と言っています。
b0215220_08345014.jpg
そろそろ作品が溜まっています。
b0215220_08360884.jpg
来月には焼くことを考えなければいけません。




by shinchan7rin | 2018-10-31 08:36 | 須恵の会 | Comments(0)

散歩のニャンと安部龍太郎 10月30日(火)

昨日は早くに出かけなければならなかったので、1日飛んでしまいました。
b0215220_10112622.jpg
ゴミの山の蕎麦にニャンが。
b0215220_10120157.jpg
こちらを向いてくれました。
b0215220_10142497.jpg
      「天馬、翔ける 上」 著 安部龍太郎
 使者は十郎蔵人行家。
 源為義の十男で、頼朝の叔父に当たる。
 北条館にほど近い八幡神社で待つというので半信半疑で出かけると、籐の笈を背負った山伏姿の行家が神前にぬかずいていた。
 行家は後白河奉公の第二皇子以仁王の令旨を持参していた。
〈東海、東山、北陸の三道諸国の源氏、並びに群兵らの所に下す。まさに早く清盛法師ならびに従類叛逆の輩を追討すべきこと〉
 この令旨は源三位頼政、仲綱父子と相談の上で発したものだった。




by shinchan7rin | 2018-10-30 10:15 | 読書 | Comments(0)

同窓会 10月28日(日)その2

簡保センター終了後、桜植樹地へ。
b0215220_12584901.jpg
3次会、4次会へとなだれ込む。
b0215220_12593497.jpg
横浜屋。
b0215220_13004090.jpg
しまの。
ようやく解散。




by shinchan7rin | 2018-10-28 13:01 | 寄居町 | Comments(0)

同窓会 10月28日(日)

寄居中学校昭和43年度卒同窓会を簡保―センターにて開催。
b0215220_08534186.jpg
ちょっと出来事があったので、少し遅れて参加。
b0215220_08542421.jpg
合計79名。
b0215220_08545966.jpg
簡保センターカラオケルームにて2次会。





by shinchan7rin | 2018-10-28 08:55 | 寄居町 | Comments(0)

散歩のニャンとあさのあつこ 10月27日(土)

b0215220_09085157.jpg
日向のニャン。
b0215220_09092083.jpg
アップにしてみました。
b0215220_09101889.jpg
      「闇医者おゑん秘録帖」 著 あさのあつこ
「ねえ、お春さん。女は強いものですよ。一度、子供を抱えて生きようって腹を決めたら、地べたを這いずっても生きていける。そういうものです」
「生まれてくるために、子供は女の腹に宿るんですよ。流すのは最後の手立て。その手立てを選ぶ前に、やれることがあるのかないのか、考えてみませんか」
「お春さん、女の前にはね、存外多くの途が延びているもんなんですよ。それに気が付かないまま閉ざしてしまうの、ちっと惜しくはないですかねえ」




by shinchan7rin | 2018-10-27 09:11 | 読書 | Comments(0)

実行委員会と北原亞以子 10月26日(金)

公民館にて、生涯学習祭り実行委員会。
b0215220_09135224.jpg
音楽祭で全館貸切の中開催されました。
b0215220_09144470.jpg
ほぼ昨年と同じ要領で生涯学習祭りは開催されます。
ただし1日の貸館日に被るので、例年は第1土日ですが第2土日の開催となりました。
b0215220_09165450.jpg
      「峠 慶次郎縁側日記」 著 北原亞以子
 おいとは、仏と異名をとった同心を知っている。噂を聞いて、かれをたずねて行ったのだ。森口慶次郎という名前だった。
 慶次郎は、奉行所から帰って来たばかりらしかったが、いやな顔もせずに会ってくれた。
 慶次郎は、うまく話そうと思えば思うほど前後がくるってしまうおいとの話を辛抱強く聞いてくれたが、仏だという男がしてくれたのはそれだけだった。弟の和吉を捕まえたのは、秋山忠太郎という北の同心であった。慶次郎は、その同心に話をすると約束してくれたが、和吉を解き放ってやるとは言ってくれなかったのである。




by shinchan7rin | 2018-10-26 09:19 | 読書 | Comments(0)

散歩のニャンと宇江佐真理 10月25日(木)

b0215220_09324315.jpg
路地で黒ニャンと行き会った。
b0215220_09331530.jpg
踵を返して退散。
b0215220_09340388.jpg
     「君を乗せる舟 髪結い伊三次捕物余話」 著 宇江佐真理
 唐の影響を受けた造りの蓬莱台には盆栽のような松の樹が中央に重々しく置かれていた。
 松の横には梅の枝が差し込まれ、根方は細かい笹竹で覆われている。手前には鶴と亀の細工物。さらに平安絵巻にでも登場するような翁と媼の人形もあしらわれていた。翁は竹箒、媼は熊手を持っている。翁は竹箒を持たない方の手を額にかざし、遠くを眺めるような仕草をしていた。
 松竹梅、鶴亀、長寿の翁と媼、蓬莱台は、おめでたい儀式には欠くことのできない飾り物だった。




by shinchan7rin | 2018-10-25 09:35 | 読書 | Comments(0)

カイザークーヘンと高橋義夫 10月24日(水)

カミさんがパン教室で作ってきたカイザークーヘン。
b0215220_08511375.jpg
直径20cmほど、しっかり堅いです。
b0215220_08520337.jpg
パイ生地の中にアーモンドプードル、カロリーばっちり。
b0215220_08531086.jpg
      「さむらい道 最上義光 もうひとつの関ヶ原 下」 著 高橋義夫
 緋縅の鎧を着て、前立に鍬形を打った金覆輪筋兜をかぶり、連銭葦毛の駿馬にまたがった義光の武者姿は遠くから目を引いた。鉄の指揮棒を背に負い、馬廻りの武士たちに前後を守られながらすすむあとを慕って、城下町の人々がついて行く。千を越える山県勢の行進を見物する町人は数百を超え、馬見ケ崎河畔まで見送った。




by shinchan7rin | 2018-10-24 08:54 | 読書 | Comments(0)

動物病院と高橋義夫 10月23日(火)

深谷上柴のめい・らいむまでワンコの薬をもらいに行く。
b0215220_10220166.jpg
アレルギーの薬です、20日分を1カ月飲ます。
b0215220_10233781.jpg
ほとんど待たされないので、拍子抜け。
b0215220_10242829.jpg
     「さむらい道 最上義光 表の合戦・奥の合戦 上」 著 高橋義夫
「そうもうせば師の坊は、武家奉公の話をするとき、かならずさむらい道ということばを口にされたわ。あれはさむらい道としてどうや、さむらい道にはずれとらんか、あっぱれさむらい道や・・・それが口癖やった」
「そのさむらい道とは、いかなるものでござろうか」
「師の坊が与力のころに書きためたものがあるときいたが、どこにあるかよう知らぬ。検断にきいてみるがよい。それを見れば、さむらい道がなにか、師の坊のお考えがわかるかもしれぬが・・・。東国武者の本分ということやろうか。寺そだちのわいにきいても、よう答えんわ。それは若殿、こなたさまがお考えになることや』
 教証は義光の膝をたたいて笑った。




by shinchan7rin | 2018-10-23 10:25 | 読書 | Comments(0)

芋掘り 10月22日(月)

桜43会にて、サツマイモの芋掘り。
b0215220_09152436.jpg
だんだんとメンバーが集まってきます。
b0215220_09160763.jpg
姿を現す紅あずま。
b0215220_09165533.jpg
収穫。
b0215220_09172016.jpg
昨年より少ないような気がしますが・・・
b0215220_09181205.jpg
芋掘りした後へ、野菜の種を植えました。
b0215220_09185423.jpg
お疲れさまでした。




by shinchan7rin | 2018-10-22 09:19 | 寄居町 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル