人気ブログランキング |

しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

<   2018年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧




大晦日 12月31日(月)

次男は仕事があると出て行って、長男が帰宅した。
b0215220_10165591.jpg
宗像へ正月のお飾りを頼みに行く。
何にもない年末。




by shinchan7rin | 2018-12-31 10:19 | 寄居町 | Comments(0)

買い物 12月30日(日)

カミさんと年末の買い物へ。
b0215220_10131011.jpg
本庄の水産マーケットへ。
b0215220_10142209.jpg
今年はタラバはやめて毛ガニにしました。
b0215220_10155029.jpg
その後、本庄早稲田のスシローで昼食、まずはノドグロ。
b0215220_10171255.jpg
赤貝。
b0215220_10173860.jpg
カワハギなどをつまんで、満足。




by shinchan7rin | 2018-12-30 10:19 | 散歩 | Comments(0)

宗像神社 12月29日(土)

そろそろと年末進行になりました。
お札を修めに参ります。
b0215220_09315737.jpg
もう数日でお炊きあげになるのでしょう。
b0215220_09334505.jpg
熊の子供が登った杉もなくなってしまいました。




by shinchan7rin | 2018-12-29 09:35 | 寄居町 | Comments(0)

散歩のニャンと木下昌輝 12月28日(金)

b0215220_10222346.jpg
何を見ているのかニャ?
b0215220_10230443.jpg
あ、気が付いた。
b0215220_10235934.jpg
     「敵の名は、宮本武蔵」 著 木下昌輝
   宮本無二斎――通称、無二。
 備前美作(岡山県)を支配する宇喜多家重臣・新免家に、この人ありと言われた武芸者だ。十手と長刀を左右に持つ、変則二刀流の遣い手だ。
 十手といっても、無二が持つのは鉄の棒でできた捕物道具のことではない。十字槍の穂先のように、三方に鋭利な刃が飛び出た古流十手である。二つの凶器を悪鬼羅刹のごとく振るう血腥い戦い方から、宮本無二は「美作の狂犬」とも呼ばれていた。




by shinchan7rin | 2018-12-28 10:25 | 読書 | Comments(0)

タイヤ履き替えと数多久遠 12月27日(木)

BRZにはタイヤを積めないので、コバックに預けてあるのである。
b0215220_10455775.jpg
予約をしておいて、朝一で出かければものの30分。
以前は自分でしていたのだが、する場所がなくてね。
b0215220_10484609.jpg
     「半島へ 陸自山岳連隊」 著 数多久遠
 北朝鮮の内部崩壊が現実となった場合、北朝鮮軍の一部が暴走して軍事行動を起こすことが懸念されている。日本に対する具体的な脅威は、弾道ミサイルの攻撃だ。これに対して、政府・防衛省・自衛隊は、米軍と共同し、策源地攻撃を含む弾道ミサイル防衛を行うことを計画している。
 その際には、二〇一五年に成立した安保法制を根拠として、日本に対する直接の脅威が顕在化していなくとも、存立危機事態を認定して自衛隊を動かすことが想定されていた。この事実は、公式に発表され、報道されてもいる。





by shinchan7rin | 2018-12-27 10:49 | 読書 | Comments(0)

雀宮とあさのあつこ 12月26日(水)

雀宮で建設中だった東屋。
b0215220_08504692.jpg
どうやら年内に完成した模様。
立派な瓦屋根があがった。
b0215220_08514054.jpg
広い軒は銅葺だし、金懸かってますな。
b0215220_08542995.jpg
これがどの工事のことを指しているのだか、不明?
b0215220_08553607.jpg
      「おいち不思議がたり 闇に咲く」 著 あさのあつこ
 風音と一緒に雑多な音が流れ込んでくる。薄い壁も障子戸もそれを阻むことはできない。
 あけすけな大声や笑声、子供の泣き声、大人の怒鳴り声、忙しない足音、戸の開け閉ての音…。おいちには耳慣れた暮らしの音だ。この音に囲まれて、ずっと生きてきた。
 息がすっと喉を通った。
 肩が軽くなる。重しが取れた気分だ。そして、根を感じる。現の暮らしに深く張った根だ。この根が枯れない限り、どんな禍々しい話にも、どんな面妖な話にもちゃんと耳を傾けられる。本気で聞くことができる。胡散臭いと嘲ったり、無暗に怯えたりしない。むろん、闇雲に忌み嫌ったりなど絶対にしない。




by shinchan7rin | 2018-12-26 08:56 | 読書 | Comments(0)

散歩のニャンと風野真知雄 12月25日(火)

b0215220_09021665.jpg
枯葉の中にニャンが。
b0215220_09024684.jpg
アップにしてみると、舌が覗いています。
b0215220_09041444.jpg
      「月の光のために 大奥同心・村雨広の純心」 著 風野真知雄
 月光院とは、将軍(正式に宣下するのはこの年の四月)家継の実母である。
 去年――すなわち、正徳二年(一七一二)の十月、六代将軍家宣が五十一歳で亡くなった。将軍になったとき、すでに四十八歳になっていたため、在位はわずか三年半しかなかった。
 だが、この三年半のあいだ、家宣は新井白石を重用し、さまざまな改革を実践した。
 家宣のあとを継いで七代将軍となったのが家継であるが、しかし、このとき家継はわずか数え年で四歳であった。
 このため、家継の母・お喜世の方は、月光院と名乗り、大奥にとどまったのである。




by shinchan7rin | 2018-12-25 09:05 | 読書 | Comments(0)

めい・らいむと宇江佐真理 12月24日(月)

b0215220_09214828.jpg
深谷上柴の動物病院:めい・らいむへ。
ワンコのアレルギーの薬を出してもらう。
b0215220_09245532.jpg
     「雨を見たか 髪結い伊三次捕物余話」 著 宇江佐真理
 江戸の芸者は正月中、黒紋付の裾模様の着物、献上博多の帯、それに稲穂の簪を挿してめでたさを表す。彩りは着物の下の緋縮緬の蹴出し。裾を捌いた拍子にちらりと見え隠れするのが色っぽい。伊三次の女房のお文も他の芸者衆と一緒にその格好でお座敷をつとめていた




by shinchan7rin | 2018-12-24 09:25 | 読書 | Comments(0)

散歩のニャンと佐伯泰英 12月23日(日)

b0215220_09234871.jpg
ニャンの後姿。
b0215220_09242282.jpg
振り返ってくれました。
b0215220_09245288.jpg
また行ってしまいますけどね。
「橘花の仇 鎌倉河岸捕物控(一)」 著 佐伯泰英<br>
 二月も中旬になると鎌倉河岸一帯には甘酸っぱいような独特の香りが立ちこめる。<br>
「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」<br>
 と言われる桃の節句を目あてに豊島屋が売り出す白酒の仕込みが始まったのだ。売り出しの十数日も前から仕込まれた何石もの白酒を一気に売りさばく。雛祭りの時期ばかりは豊島屋の軒先に、<br>
「酒醤油相休みに申候」<br>
 の大札がかかって、白酒販売一色になる。
b0215220_09260248.jpg
      「橘花の仇 鎌倉河岸捕物控(一)」 著 佐伯泰英
 二月も中旬になると鎌倉河岸一帯には甘酸っぱいような独特の香りが立ちこめる。
「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」
 と言われる桃の節句を目あてに豊島屋が売り出す白酒の仕込みが始まったのだ。売り出しの十数日も前から仕込まれた何石もの白酒を一気に売りさばく。雛祭りの時期ばかりは豊島屋の軒先に、
「酒醤油相休みに申候」
 の大札がかかって、白酒販売一色になる。




by shinchan7rin | 2018-12-23 09:27 | 読書 | Comments(0)

リハビリ陶芸 12月22日(土)

デイサービスにお邪魔して今年最後のリハビリ陶芸を実施。
b0215220_08492853.jpg
久々に参加の方、あたしゃお饅頭を作るんだ、とのこと。
b0215220_08503657.jpg
こちらも久しぶりに参加、湯呑を作ります。
b0215220_08512079.jpg
片麻痺がありますが、左手で頑張る。
b0215220_08521063.jpg
また四つ足になりそう。
b0215220_08525389.jpg
またしても四角い器です。
b0215220_08532623.jpg
男性の参加はめずらしい。
b0215220_08535824.jpg
何を作ろうか、考える。
そんなこんなで今回は参加がちょっと多かった。




by shinchan7rin | 2018-12-22 08:55 | 須恵の会 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル