しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

タグ:夏川草介 ( 5 ) タグの人気記事




盆の送りと夏川草介 8月17日(金)

雨がぱらついてきたので、早めにお盆様を送りに行った。
b0215220_09544696.jpg
檀家寺:善道寺の本堂。
b0215220_09552696.jpg
正式名称なんて改めて見たことない。
b0215220_09570296.jpg
     「本を守ろうとする猫の話」 著 夏川草介
「ひどく陰気な店だな」
そんな声が聞こえて、林太郎はぎょっとした。
 振り返った戸口に、しかし人影はない。
「こうも陰気だと、せっかくの見事な蔵書まで色褪せて見える」
声が聞こえたのは、むしろ店の奥である。慌てて首をめぐらせた林太郎が見つけたのは、人の姿ではない。一匹のトラネコであった。
 黄と茶の混じった縞模様の、ややどっしりとした体格の猫である。その色合いは、いわゆるチャトラと言うのだろうか、顔の上半分から背中にかけてはチャトラだが腹や足は真っ白なふっさりとした毛におおわれた大柄な猫だ。背後の薄暗さの中で、目だけが深い翡翠の色に輝いて、まっすぐに林太郎を見返している。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-08-17 09:58 | 読書 | Comments(0)

コーヒー豆と夏川草介 1月13日(土)その2

このところ暮にカミさんが買ってきた軽井沢・丸山珈琲の豆を飲んででいたのだが。
暮から正月に息子たちが飲んでしまい、
次回高崎へ出かけたときに、スタバの豆を買えばいいという目論見が崩れた。
b0215220_16280380.jpg
それでも近場のスーパーの豆はごめん、足を延ばしてドトールへ。
b0215220_16292160.jpg
お高い豆ではありませんが、一杯づつ挽いて落とします。
b0215220_16304806.jpg
     「神様のカルテ0」 著 夏川草介
 医学部六年の夏から秋にかけてという時期は、学生たちにとって試練の時期である。
 どこの病院へ就職すべきか情報収集や見学を通して進路を模索しつつ、果て無く続く卒業試験を順次、クリアしていかなければならない。しかもそれらすべては、翌年二月におこなわれる医師国家試験を無事通過することが大前提だ。
”医学生、国家に落ちれば、ただの人”
 それは、国家試験を控えた医学生たちの、焦りと緊張とプライドとを端的に評した句といえるだろう。


[PR]



by shinchan7rin | 2018-01-13 16:33 | 読書 | Comments(0)

散歩のニャンと夏川草介 1月6日(土)

b0215220_08532816.jpg
ニャンが御くつろぎ中。
b0215220_08540898.jpg
アップに、視線をください。
b0215220_08544665.jpg
さらにアップ、いいお顔です。
b0215220_08554810.jpg
     「神様のカルテ3」 著 夏川草介
“あせってはいけません。ただ、牛のように、図々しく進んでいくのが大事です”
 ふいにそんな言葉が胸中に浮遊した。
 夏目漱石が弟子へ送った書簡に記した言葉である。
 なお続けて漱石は言う。
“牛は超然として押していくのです。何を押すのか聞くなら申します。人間を押すのです。文士を押すのではありません”
 文士を医師に変ずれば、そのまま我が身に響く名言である。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-01-06 08:57 | 読書 | Comments(0)

アングレーズと夏川草介 12月28日(木)

b0215220_08364724.jpg
カミさんが昨日一日で焼いたアングレーズ。
b0215220_08372573.jpg
おいしいせいか、安いせいか、評判が良くて、
私のところまで回ってこなかった。
b0215220_08384669.jpg
      「神様のカルテ2」 著 夏川草介
 当直の恐るべきところは、翌日も朝から通常通りの勤務が始まることである。夜勤の技師や看護師たちが「お疲れさまでした」などと達成感にあふれた顔をして帰って行くのを眺めながら、当直明けの医師は新たな一日と向き合うことになる。
 ずいぶん乱暴な制度だが、世の病院の夜間救急の多くは、この「当直」という常軌を逸した制度の上に成り立っている。今のところ、この制度は消滅して医師も二交代制になるという話は聞いたことがないし、常識や良識をふりかざす世の知識人たちも、こと医療問題に対してだけは非常識の急先鋒になるから救い難い。

[PR]



by shinchan7rin | 2017-12-28 08:40 | 読書 | Comments(0)

ムースケーキと夏川草介 12月9日(土)その2

カミさんがパン教室で作ってきたムースケーキ。
b0215220_15534541.jpg
遠慮なしに大きく切って、おやつに頂く。
いけてます、白いのはホワイトチョコレート。
b0215220_15555967.jpg
      「神様のカルテ」 著 夏川草介
 医局制度については説明が必要だろう。これは医者の世界独特の制度である。
 通常、医学部六年間を卒業した医学生が医者になる道は、大きくわけて二種類ある。ひとつは大学病院の医局に所属する道と、もうひとつは医局に所属しないでどこかの病院に就職する道である。比率はだいたい四対一くらいで、医者の八割は医局に所属すると考えてよい。数年前から始まった新しい研修医制度のおかげで、最初二年間の研修期間は一般の病院に出ていく医者が増えたが、三年目になると結局その多くが医局に組み込まれているのが現状である。むしろ医局に所属せず、自分で就職先の病院を見つけてそこで働き続けるのは、私のような二割に満たないアウトローな連中である。

[PR]



by shinchan7rin | 2017-12-09 15:57 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル