しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

タグ:風野真知雄 ( 75 ) タグの人気記事




ベルク開店と風野真知雄 5月23日(水)

本日ベルク開店、大きなチラシが2部も入ってきた。
b0215220_08540117.jpg
開店時間以前から車がやって来る。
b0215220_08545515.jpg
続々車が入っていく、にぎやかなこと。
9時の開店時には295台の駐車場が満車になった。
b0215220_08560194.jpg
     「新若さま同心徳川竜之介1 象印の夜」 著 風野真知雄
 びゅうっ。
 と、風が吹きすぎ、風鈴が、
 ちりん。
 と、いい音を立てた。
すでに晩秋のころである。
 そんな時に風鈴の音色は似つかわしくないが、これは屋台のそば屋の目印のようなものなのだ。この音が、そば屋が来ていることを告げるので、真冬になっても風鈴を使っている。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-05-23 08:57 | 読書 | Comments(0)

ベルクポイントカードと風野真知雄 5月20日(日)

チラシが入ってベルクのポイントカードの事前配布。
なにせ近いので行ってみた。
b0215220_08241619.jpg
テーブルが出ていて人がいる。
b0215220_08245894.jpg
ベルクポイントカード、ヤオコーの物よりしっかりしている。
b0215220_08262091.jpg
      「若さま同心徳川竜之介 風神雷神」 著 風野真知雄
 いわゆる八丁堀と呼ばれる区域は、三角形の一部がえぐり取られて四角形になったようなかたちをしている。まわりを堀が囲んでいる。
 ただし、本来、八丁堀と呼ばれたのは、南の一角を流れる掘割のことで、その堀の長さはいまではあいまいになってしまったらしい。
 八丁堀には南北町奉行所の与力、同心たちが住んでいる。与力がほぼ五十人、同心は二百五十人ほどだという。ただ、町人地もある。さらには、与力、同心たちが自分の敷地の一角に家を建て、町人たちに貸していたりするので、ここに住む町人たちも少なくはない。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-05-20 08:27 | 読書 | Comments(0)

ダイソーと風野真知雄 5月18日(金)

ベルクの100均に何が入るのか?
ようやくダイソーと知れた。
b0215220_08531918.jpg
什器も運びこまれている。
b0215220_09421805.jpg
看板もできて、開店まであと五日。
b0215220_09432495.jpg
      「若さま同心徳川竜之介 弥勒の手」 著 風野真知雄
 ろうそくは太い。田安の家でもこれくらいのものを使っていた。だが、町人たちはろうそく屋でもなければ、こんな太いろうそくは使わない。そもそもろうそくそのものを使わない。魚の脂を小皿に入れて、芯を置いただけのひょうそくというものを使う。ほんとに小さな灯火で、町人たちの長屋を訪れるようになったときは、夜の家の中の暗さに驚いたものだった。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-05-18 09:44 | 読書 | Comments(0)

カップ成形と風野真知雄 5月16日(水)

須恵の会にて。
b0215220_09152465.jpg
信楽特赤250g。
b0215220_09155983.jpg
玉作りでくるくるとカップをざっと成形。
b0215220_09164511.jpg
日を置いて手を入れるのですが。
この後の作業、根気が続くのが4個が精いっぱい。
b0215220_09205059.jpg
     「若さま同心徳川竜之介 幽霊剣士」 著 風野真知雄
 江戸前寿司の花形のひとつであるこはだ。その子供はしんことよばれ、夏の終わりから秋口(旧暦)にかけて出回る。これを楽しみにする寿司好きは多い。
 見た目がまたいい。大人のこはだよりも、混じりけのない、きれいな白黒の模様。いかにも粋で涼しげである。
 ただ、これは締める加減が難しく、職人の腕が問われるところである。おやじもそこらのところを、厳しく弟子に教えているようだった。
 さっと一つ握ってくれた。
 こはだは鮨一つに二匹で握るが、こぶりのしんこは三匹で握る。


[PR]



by shinchan7rin | 2018-05-16 09:22 | 読書 | Comments(0)

福島釉薬と風野真知雄 5月13日(日)

須恵の会の会員さんに土を頼まれていた。
連休中は福島釉薬もカレンダー通りお休み。
b0215220_09421288.jpg
ようやく出かけることができた。
b0215220_09431314.jpg
土を運んでもらう。
b0215220_09434275.jpg
信楽特練2体特赤2体、公民館の倉庫に納めるのに一苦労。
b0215220_09464634.jpg
     「若さま同心徳川竜之介 卑怯三刀流」 著 風野真知雄
 宙之助によれば、どうやら江戸には三派のお洒落ができつつあるらしかった。
「いわば日本橋派は、大店の上品な旦那衆が基本。とにかく金にものを言わせて、値は張ってもいいものをという一派です。これに対抗するのが、わたしら歌舞伎役者が引っ張ってるというわれる浅草派とか言われる一派です。ここは派手です。度肝を抜くような色や柄も平気で着る。ところが、最近の若い人に人気があったのが両国派なんて言われる若い人たちのお洒落でした。横浜から来る異国のものもいち早く取り入れていましたしね。その筆頭洒落物が、あの若旦那だったのですよ」

[PR]



by shinchan7rin | 2018-05-13 09:48 | 読書 | Comments(0)

散歩のニャンと風野真知雄 5月11日(金)

b0215220_08351015.jpg
U字溝でお昼寝、
b0215220_08354217.jpg
気がつくと素早い。
b0215220_08362920.jpg
左後肢が欠損しているのです。
b0215220_08395853.jpg
      「若さま同心徳川竜之介 陽炎の刃」 著 風野真知雄
「なんでも発句をつくるときに、何も思い浮かばないときは、下に、根岸の里の侘び住まい、とつければ、どうにか格好がつくのだそうです」
「どれどれ・・・」
 と、竜之助は試してみた。
 雪深し根岸の里の侘び住まい
  寝正月根岸の里の侘び住まい
  蕗の薹根岸の里の侘び住まい
「ほんとだ。こいつはいいや。これならいくらでも発句がつくれるな」

[PR]



by shinchan7rin | 2018-05-11 08:41 | 読書 | Comments(0)

シュークリームと風野真知雄 5月5日(土)

カミさんがパン教室で作ってきたシュークリーム。
b0215220_10192112.jpg
とにかく大きい。
b0215220_10194550.jpg
四分の一切り出して、おっとクリームが硬い。
皮はおいしいのだが、クリームがバタークリームでいまいち。
b0215220_10220357.jpg
      「若さま同心徳川竜之介 空飛ぶ岩」 著 風野真知雄
 もう亡くなったが、かつての大先輩で、「仏の・・・」と綽名された同心がいて、大滝はその先輩を尊敬してきた。何とかあんな綽名がもらえる同心になりたいとも思っている。
 だが、大滝には気が短いところがあり、どうしてもそれが何かの拍子で外に出たりするので、なかなか「仏の・・・」とは言ってもらえない。一度などは、小者たちが、「すぐに熾る(怒る)のでたどんの大滝」などと綽名してしているのを耳にはさみ、ひどくがっかりしたこともある。憧れの「仏の・・・」の道は、なかなか遠いらしい。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-05-05 10:23 | 読書 | Comments(0)

素焼きと風野真知雄 5月1日(火)

風布生涯学舎へ作品を運んで。
b0215220_08513225.jpg
リハビリ陶芸作品です。
まだなのか?と催促されるので。
b0215220_08523090.jpg
窯詰して、素焼き。
b0215220_08534819.jpg
      「若さま同心徳川竜之介 風鳴の剣」 著 風野真知雄
 南茅場町というのは、ほとんど八丁堀と言っていい。一帯を囲む堀の内側で、与力、同心の役宅が立ち並ぶあたりのすぐ北側の一角を占める町人地である。
 日本橋川に面したところを茅場河岸といい、この前には上方からの下りものを扱う鴻池屋や小西屋といった大店も軒を並べた。
 その湯屋は、南茅場町の西端、対岸の小網町へと船が往復する鎧ノ渡しの近くにあった。
 出入り口には、弓と矢を描いた看板が下がっている。弓射る(湯に入る)の洒落である。近ごろはこの看板を使う湯屋が少なくなったが、それでもこの洒落は江戸っ子なら誰でも知っている。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-05-01 08:55 | 読書 | Comments(0)

イチゴケーキと風野真知雄 4月26日(木)

カミさんが買ってきたイチゴケーキ。
b0215220_09442006.jpg
珍しいことがあるもんです、風邪でもひかなきゃいいけど。
b0215220_09453431.jpg
イチゴジャムが入っている。
b0215220_09472239.jpg
      「若さま同心徳川竜之介 消えた十手」 著 風野真知雄
 御三卿・田安徳川家の十一男坊である。
 よく、田安家とか、一橋家というように、苗字であるかのごとく思われがちだが、本当は田安家などというのはない。御三卿の屋敷が、それぞれ江戸城の田安門、清水門、一橋門の前にあるため、便宜上、田安家、清水家、一橋家と言ったので、ただしくは三家とも徳川家である。
 徳川竜之助、いまは徳川竜英が正しい名である。
 母親の身分があまりに低かったこともあって、認めたくないという人たちも多かったという。幼いころは、敵視されたり、無視されたりしたが、いまではほとんど忘れられた存在になっているらしい。


[PR]



by shinchan7rin | 2018-04-26 09:48 | 読書 | Comments(0)

河原で遊ぶ人と風野真知雄 4月20日(金)

ウィークデイだというのに。
b0215220_09163456.jpg
河原にテントが見える。
b0215220_09170517.jpg
天気がいいので裸になっている様子。
犬もつれているようだ。
b0215220_09181324.jpg
     「若さま同心徳川竜之介 最後の剣」 著 風野真知雄
「じつは・・・」
と、風鳴の剣を復活させた経緯を語った。
 闊達な剣を遣う坂本龍馬との対決。
 そのこだわりのなさに打たれたこと。
 弱き者のために遣うならと、強い決意をひるがえした。

[PR]



by shinchan7rin | 2018-04-20 09:19 | 読書 | Comments(0)

今日もこんなことがありました。造って焼いてその日に使える七輪陶芸、一緒にやってみませんか。
by shinchan7rin
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

これからも宜しくお願い致..
by shinchan7rin at 08:55
はじめまして、筒井と申し..
by 筒井 at 13:16
拝見しました。我が家は北..
by shinchan7rin at 08:37
そうなんです。 ちなみ..
by 歩きの4号 at 19:35
> 歩きの4号さん 新..
by shinchan7rin at 08:47
今日武蔵野銀行によったら..
by 歩きの4号 at 19:05
> 歩きの4号さん 5..
by shinchan7rin at 08:47
ベルクの株を持って早6年..
by 歩きの4号 at 13:12
川越にはいまだに壺焼き芋..
by shinchan7rin at 16:13
あの壺焼きは絶品だったね..
by とや at 11:49

メモ帳

最新のトラックバック

韓国が勝ったのは?
from Anything Story

ライフログ

検索

外部リンク

フォロー中のブログ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル